抄 録 検 索
抄録内ワード検索 :       


[全6039件] : 現在のページ「14」    ---261個目から280個目のデータを表示---

 
 近年、アルビレックス新潟の観客動員数は減少してきており、今では約2万人程度(ピーク時の約半分以下)の観客動員数になってしまった。本研究では、身近なところから取り組める問題点や改善案を提言していく。  そこで本研究では、筆者自らが体験した、交通渋滞...
2018年
 
 本論は、スターバックスコーヒージャパン株式会社(以下:スターバックス)に対する不満とその原因を調査し、その調査からお客様の不満を解消する方法を提案することが目的である。  先行研究の結果、JCSI調査によると、知覚品質、推奨意向、そして顧客期待で1位...
2018年
 
 発電を行うのに必要なエネルギーは、太陽光・風力・波力・地熱など、発電方法によって異なる。電力需給や発電方法の移行によって使用しているエネルギーの比率も異なっていく。そのため、その地域の様々な地域や気候の条件を照らし合わせ、最も適した再生可能エネ...
2018年
 
単語帳アプリケーションに多い、単語間の表示の切り替えをフリックやスワイプといった利用者の作業を要することが効率の面で問題だと考え、より効率的な単語帳アプリケーションの開発をすることにした。 本論は、スマートフォンを利用した効率的な単語学習を、アプ...
2018年
 
 第1章で、大規模な災害が多発しており、今後も大きな災害の発生が懸念されていることを述べ、本学140教室(以下140教室)のシミュレーションを使った研究から建物での避難や建物を建築する際に参考になるものを考えていくという研究目的を立てた。  第2章では、N...
2018年
 
本論文では、ソーシャルフォースモデルを使用し、駅構内の避難をシミュレーションした。第1章では研究内容について言及する。近年日本では、東日本大震災や広島県で発生した土砂災害、御嶽山の噴火、茨城県鬼怒川の決壊による氾濫、熊本地震、糸魚川大火などの様々な...
2018年
 
私がこの研究を行おうと思った理由は、新潟国際情報大学に多くの人に興味を持ってもらおうと思ったからである。大学のwebページでは大学について詳しく知ることができるが、あまり興味を惹かれないと考える。そこで有名なゲームの一つであるマインクラフトを利用して...
2018年
 
 私がこの研究を行おうと思った動機は2つある。1つは文部科学省が小学校でのプログラミング教育の必修化が決定したため、プログラムを触ったことがない人に向けて、学習アプリが作りたいと思ったからである。  もう1つはプログラミングを楽しく学ぶことができれば...
2018年
 
私が行った研究は、Unityを使用した脱出ゲームの作成である。この研究を選んだ動機は、IzumiArtisan作のgardenなど、無料でプレイできるが、とても無料とは思えないクオリティの作品が多くあるということに加え、リアル脱出ゲームのCMを見る機会が多く、脱出ゲームそ...
2018年
 
 私はゲームが好きであり、かねてよりゲームを作ってみたいという願望があったため、卒業研究という機会を利用しゲームを作成しようと考えた。また、私のゲーム制作に関する知識は皆無に等しかったため、ゲーム制作やプログラミング等についてほとんど知識のない者...
2018年
 
 私が本研究を行おうと思った動機は、プログラミングを用いて音声処理をしてみたいと考えたためである。私はギターを弾くことが趣味であり、その時にエフェクターという音色を変える機械を使うことがある。それを自分の手でより良いものを作れないかと思い、本研究...
2018年
 
本研究では、「UnityによるVR技術を用いたアプリケーションの作成」をテーマにVRの芸術分野への応用を目的として研究したものであり、VRペイントソフトの作成を目的としている。VRとは、Virtual Realityの略称であり、一般的に、仮想現実という意味で使われている。2...
2018年
 
 金融工学で、時間軸をまたいで未来の企業、事業の価値を見極めるものである。企業会計における損益計算書がある一定期間の活動の結果を考え、貸借対照表がある一瞬の企業の資金調達・運用の状態を考えるのに対し、時間軸をまたぐという点がファイナンスの特徴であ...
2018年
 
 本論ではDCF法を活用して、積水ハウス株式会社(以下積水ハウスという)の企業価値評価を行い、理論株価を算定している。  DCF法とは、Discounted Cash Flow(ディスカウンテッドキャッシュフロー)法の略称で、企業価値を評価する方法の一つである。時間の経過...
2018年
 
本論ではDCF法による東日本旅客鉄道株式会社(以下JR東日本)の企業価値評価を行う。 第1章では鉄道事業の実態について述べる。鉄道業界は常に自然災害や不測の事態に向き合わなければならない。特にJR東日本は東日本大震災で甚大な被害を受け、未だに完全な復旧まで...
2018年
 
本文ではDCF法を用いて、株式会社セリアの企業価値評価を論じる。 第1章ではDCF法を用いて企業価値評価をするうえで、なぜ株式会社セリアを選んだかについて述べている。株式会社セリアとは今では私たちの生活にすっかり定着している100円ショップである。近年100円...
2018年
 
本論では、S⁴シミュレーションシステム内にあるエージェントシミュレーションを用いて、飲食店からの避難シミュレーションを行う。  第1章では、研究目的について述べている。近年増えている飲食店からの火災に対応するために、今回の研究を行う。第2章では、今回...
2018年
 
本論では、DCF法を用いた日清オイリオグループ株式会社の企業価値評価を行う。  DCF法とはディスカウントキャッシュフローの略で、将来生み出すと予想されるキャッシュフローを現在価値の合計をもとに企業の評価額を算出する方法である。この方法は、長期の投資効...
2018年
 
本論では、DCF法を用い雪印メグミルク株式会社の企業価値評価を行う。  第1章では、なぜこの企業を選んだかについて記述している。トランプ新大統領の就任により2017年は日本だけでなく世界の経済が大きく揺るがされた。そのなかで、食料自給率が38%と多くを輸入...
2018年
 
筆者は中国語を学習するにあたり、日本人の理解しづらい中国語に興味を持った。特に、中国語の“能”と“会”の意味の使い分けが分からないという声を筆者の周りの中国語学習者から多く聞いていたため、“能”と“会”を日本人にどう教えるたら効率よく、わかりやすく教えら...
2017年





ページの
先頭に戻る