抄 録 検 索
抄録内ワード検索 :       


[全6037件] : 現在のページ「2」    ---21個目から40個目のデータを表示---

 
現在、老若男女問わず、1人1台以上所持している携帯電話であるが、本格的に一般人向けに開発されたのは1960年代からであり、通信事業として無線機が開発されたのは100年以上前の1800年代まで遡る。年々、携帯電話の普及率は上昇し続けており、携帯電話を持っていない...
2018年
 
本論文は、イスラエル・パレスチナ問題をテーマとして取り上げ、あるユダヤ人女性の半生を通してこの問題の本質を明らかにしていきたい。  ルティ・ジョスコヴィッツは、1949年4月21日にイスラエルで三つ子のひとりとして生まれた。そして、1953年に両親と共にフ...
2018年
 
海外の国または州における原動機付自転車(以下原付バイク)の制限速度を比較したところ80kmが制限速度の国や州があったのに対し、日本の制限速度は30kmとかなり低いことがわかった。制限速度である30km/hは、自動車が狭い道や追い越し禁止の車線で追い越すことができ...
2018年
 
 将来において日本経済を襲うもっとも深刻な問題は少子高齢化であり、その少子化の原因の一端は晩婚、未婚にあるとされている。草食系という言葉をよく耳にするが、草食系とは、恋愛に対して、消極的受け身なことである。しかし、草食系と言われるのは男性ばかりで...
2018年
 
現在の日本では女性の社会進出が進み、外で働く女性が昔よりも増えている。女性の就業率は増加しているものの、妊娠、出産、子育てなどの理由で仕事を継続することが困難となり、一度仕事を離れる女性が数多くいる。日本の女性が子育てをしながら仕事を継続するには...
2018年
 
 我々は「本当の幸せとは何か」と問われたら、自信を持って答えることができるだろうか。愛する人と家庭を築くことや、働いてお金を稼いで趣味に勤しむことなどの、幸福に対するありきたりな印象を答えることしかできないかもしれない。もしかすると、幸福について...
2018年
 
本論文の目的は、まずテーマパークとは何かを明らかにすることである。次に、日本で絶大な人気を誇る東京ディズニーリゾートの魅力的な空間づくりについて明らかにする。そして、現在人気の高いテーマパークの入場者数を将来減らす原因になり得る、余暇活動の多様化...
2018年
 
 現在、農業に従事している人は、1960年代と比べると非常に少ない。その背景には日本人の食文化の変化や海外からの輸入食品が増えたことなどが大きく関係している。しかし、近年では、安全で安心な農産物を求める人や健康志向の人が増えたことから、安心で安全な農...
2018年
 
 最近よく聞く「いじめ」という言葉。いじめは学校教育において切っても切れない重大な問題とされている。今では小学校から高校までのあらゆる学年で見られ、減少することはおろか増加傾向にあるのだ。誰もが学校に通っている間、いじめに関わったり、見たりしてい...
2018年
 
洗い物をする際は、食器用洗剤を使い洗うのが一般的である。その際、水筒などの蓋は捩じって開けるが洗剤が付いていると滑って開けることができないときがある。開ける手段として主にタオルを蓋にあて滑らないように回すという方法がある。しかし、上記の方法だと滑...
2018年
 
 本論文は3章構成である。本論文のテーマは日本の働き方の是非を問うというものである。日本ではブラック企業や過労死が主に問題とされる中、日本の働き方は、どのように行っているのかまた、他にどのような問題を抱えているのか論じるものである。  本論文の目的...
2018年
 
本論文は、「自分らしく生きること」はどのようにしてできるかというテーマに対して、「アイデンティティの確立」をすることがその疑問に対する答えであり、そのアイデンティティを確立する方法として、「自分の理想」を持ち、それを実現することがその方法であると...
2018年
 
技術が進歩し、開発環境が整えばだれでも自由にゲームを作れるようになった一方、面白いゲームを作るには柔軟な発想や豊富な知識、表現するための技術が必要である。 面白いゲームを作るにあたり、どのような要素が面白さにつながるのか、またどのような要素があ...
2018年
 
 現在、日本は諸外国との間に種々の問題を抱えている。従軍慰安婦や南京大虐殺といった歴史認識の問題、尖閣諸島や竹島(ともに日本での呼称)、北方領土などの領土問題、拉致被害が代表的な人権問題がある。しかしながら、上述の問題は主に2国間の対立がほとんどで...
2018年
 
本論文の目的は、オバマ氏とトランプ氏の大統領選挙におけるソーシャルメディア活用法の比較とトランプ氏の特異性を明らかにすることにある。大統領選挙中には、さまざまな手法を使った戦術がとられるが、本論ではソーシャルメディアの活用に限定して考察する。 本...
2018年
 
 アメリカの保守主義は他国の保守主義とは大きく違う。保守主義自体に明確な定義はないが、通常、保守主義というと、身分階級制度や王政の支持など、その国の「伝統」や「権利」を保守するが、アメリカは移民国家であったため、ヨーロッパから「伝統」や「権威」そ...
2018年
 
本稿は、ヴィクトール・フランクルの思想から現代を生き抜くためのヒントを得ることを目的とする。強制収容所でフランクルが目撃し、体験したことにより見えてきた人間の本質的なもの、生きるとは何かを明らかにし、現代社会の問題に結びつけて考察する。 第1章で...
2018年
 
 近年の目まぐるしい情報化社会の発展により、プログラミングはプログラマだけの専売特許というわけではなくなってきている。またスマートフォンが普及され、タブレットなども含むと、PCを使うよりもタブレット、スマートフォンの利用率の方が高いともいえる。その...
2018年
 
昨今では主流となりつつある3Dゲームの分野では、2Dにない特有の利点や、それに伴う問題を多く含んでいる。本論文では、3Dゲームならではの問題の中で、プレイヤの移動速度と、それによって生じる、ユーザーが感じる操作性、爽快感の違いを実験でまとめ、これらの関...
2018年
 
日常生活の中で歩行中にスリッパが脱げることがあり煩わしく何らかの改良が必要である。この問題に関して倉本は、体重が掛かっていない側の足(遊脚)が浮き始めるときにズレ(脱離)が起きやすいと論じているが、スリッパ使用者が行っている脱離阻止の行動に着目した研究は調査した範囲では見当たらなかった。 そこで本研究では脱離が発生する状況を調査し、スリッパ使用者の脱離阻止の特徴(歩行の特徴)を分類し、これに基づき対策案を提案することを目的とする。
2018年





ページの
先頭に戻る