全 項 目 検 索
フリーワード :    



[全5757件] : 現在のページ「1」    ---1個目から20個目のデータを表示---


 
筆者は中国語を学習するにあたり、日本人の理解しづらい中国語に興味を持った。特に、中国語の“能”と“会”の意味の使い分けが分からないという声を筆者の周りの中国語学習者から多く聞いていたため、“能”と“会”を日本人にどう教えるたら効率よく、わかりやすく教えら...
[ keyword ]          
2017年

 
美容業界の中で日本のネイル産業は時代とともに変化し、近年における変化は非常に顕著である。その変化に伴い、海外のネイル産業と異同が生じていると考える。実際に私は日系ネイル関連について勉強する中で、中国人の私は、中国のネイル業界は日本のネイル業界と何...
[ keyword ]          
2017年

 
 本稿においては、「若者」と言われている世代の政治と選挙の関心・イメージについて自作のアンケートをもとに調査した結果を中心に考察する。「若者」という定義は諸説あるが本稿では18~24歳までの大学生に絞って定義する。そして、「若者と政治」を考えるうえで...
[ keyword ]          
2017年

 
私は、フランスが一度歴史から忘れようとしたアルジェリア戦争という独立戦争に興味を持った。その歴史を学び、現在フランスで起こっているテロや格差につながっていることがわかり、現代のフランスと被植民国の関係を知るためにも歴史を理解することが大切であるとわかった。
[ keyword ]        
2017年

 
本論文では、ミハイル・ゴルバチョフという政治家が、国の運命を大きく変えた大改革を実行したことによって生じた彼に対する人々の評価の変遷を中心に論じる。それに加えて、彼がどのような人柄で、党書記長に就任するまでどのような人生を歩んできたのかについても...
[ keyword ]    
2017年

 
本論ではロシアの18世紀ピョートル大帝時代と日本の19世紀明治維新を比較する。時代も国も異なるが共通する部分がいくつか見つかる。この二つの国の行ったことの類似点と相違点を探る。 第1章ではピョートル大帝がどういう人物なのか、ロシアの国内外の制度や改革を...
[ keyword ]    
2017年

 
我々は、「あなたは健康ですか」と聞かれたら何と答えるだろう。大きな病気などをしない限り、自分の健康について、普段の生き方についてなかなか考える機会はない。本論では、その健康という広くもあり重要なテーマについて様々な角度から考えた。その上で、身体的...
[ keyword ]      
2017年

 
本論文では、1613年から1917年までロシアを統治したロマノフ王朝の最後の皇帝ニコライ二世が、ロマノフ王朝崩壊にどのような影響を与えたのかを論じる。皇帝アレクサンドル三世の長男として生まれたニコライは幼少期から次期皇帝となるべく教育を受けた。帝王学は勿...
[ keyword ]        
2017年

 
 メコン圏では、GMSプログラムによる交通インフラ開発の一環として、東西経済回廊、南北経済回廊、南部経済回廊などの開発が進められている。このうち、本論文では、過去の内戦によって交通インフラが破壊され、交通インフラ開発への期待が大きいカンボジアに着目し...
[ keyword ]      
2017年

 
2011年~2013年のデモとクーデターに迫る前に長くエジプトを支配していたムバラク政権の時から振り返る必要がある。 ムバラク政権の30年は大きく2つに分けることができる。1980年~と1990年~の2つであるが人によっては1980年~と2000年~で異なったりはするが、共...
[ keyword ]                                        
2017年

 
 本論文では伊坂幸太郎の2004年刊行された長編小説、『グラスホッパー』について考察をしていくものである。  伊坂幸太郎は2000年にデビューして以来、徐々に人気が出てきた現代作家であり、独特の雰囲気やスピード感が特徴である。そして本作『グラスホ...
[ keyword ]          
2017年

 
本論文は、日本のODA(政府開発援助)をとりまく様々な問題の中から、ODA評価に関する先行研究を軸にODA評価を批判的に検討する。  ODA活動の管理改善・国民への説明責任を目的としたODA評価は、国際的な援助の変化とともに形を変えてきた。しかし、そういった事業...
[ keyword ]      
2017年

 
 本稿は、DDR(武装解除・動員解除・社会復帰)における社会復帰プロセスが、実際の活動では十分な機能を果たしていないことに着目する。なぜ一連のプログラムであるDDRのR(社会復帰)が重要とされるのだろうか。先行研究においても社会復帰の重要性は指摘されてい...
[ keyword ]        
2017年

 
SpinAssign(スピンアサイン)は、理化学研究所で開発された、NMR(核磁気共鳴)で行うメタボロミクス用統合解析システムである。SpinAssignはNMR装置で計測したデータをもとに計測を行う。NMR装置で計測したデータは、軸が共鳴周波数であることからスペクトルという...
[ keyword ]    
2017年

 
 デジタルホログラフィック顕微鏡でホログラムが得られた場合、そのホログラムから再生像計算を行うことのできるCWOというC++ライブラリが公開され利用可能である。本研究はそのライブラリを評価することを目的とする。まず、そのオープンソースとして配布されてい...
[ keyword ]    
2017年

 
本研究は、空間次元を持つ細胞シミュレーションの数値計算スキームを検討することを目的とする。3次元細胞シミュレータCellophaneでシミュレーションした結果破損が発生し、また3次元でのWENO実装が難しかったため、1次元数値シミュレータCellophane1Dを用いて、数値...
[ keyword ]        
2017年

 
研究開始当初は、x^x=2の実数解 x が超越数であることを証明するという研究テーマであった。しかし、調査を進める内にテトレーション↑↑の右側の数が整数でない場合の計算方法が不明であることが問題となった。そのため、その数値計算方法を本研究の目的とした。a↑↑t...
[ keyword ]            
2017年

 
SpinLIMS(スピンリムス)とは、近山研究室と理化学研究所菊地チームで共同開発されているシステムで、化学シフトの登録などを リレーショナルデータベース(RDB)で管理しているソフトウェアである。 本研究ではこのSpinLIMSデータ登録クライアントの追加機能開発...
[ keyword ]    
2017年

 
 現代において教育は、発展途上国が経済発展を遂げるために必要な要素の一つである。1970年代、ベトナムは中国よりも初等教育の水準が高かった。しかし、先に経済発展を遂げ、さらに世界経済を牽引する大国に成長したのは中国だった。なぜベトナムは中国よりも初等...
[ keyword ]        
2017年

 
 本論文では、2015年の日韓合意を、合意以前の「慰安婦」問題に関する日韓の取り組み、特に日本政府の謝罪の在り方と被害者への補償を比較しながら、分析し、問題の解決になっているのかを考察する。  本論文は3章から構成されている。1章では、1932年の第一次上...
[ keyword ]              
2017年






ページの
先頭に戻る