全 項 目 検 索
フリーワード :    



[全6610件] : 現在のページ「2」    ---21個目から40個目のデータを表示---


 
ラーメン屋に置かれるプラスチック箸ではラーメンをつかむ際に滑ってしまうことがある。そこで、プラスチック箸の端先に改良を加え滑り改善を目的に研究を行った。現状品を調べ観察し、問題点の抽出を行った。その問題点を元に改良品を作成、その後有効性の確認実験を行った。
[ keyword ]      
2020年

 
枕の寝返り性を調べる研究では、高さによる寝返り性の違いついての研究事例はほとんど見当たらない。本研究では、枕の高さを揃えた場合、寝返り性がどのように変化するかを実験的に調査する。実験の結果、枕の高さを揃えたとき、全体的に、枕の寝返り性評価に大きな差が見られない。今実験より枕の寝返り性の良し悪しに回転力は関係がないといえる。
[ keyword ]      
2020年

 
1973年に施行された大店法の影響で大型店の出店は厳しく規制された.しかし,1991年に行われた大店法の改正で,その運用は緩和された.さらに,2000年には大店立地法が施行され大型店への規制がより大幅に緩和された(駒木,2010).これにより,各地で大規模なショッピングセ...
[ keyword ]        
2020年

 
納豆容器の開封後、蓋を切り取る際に誤って容器を破損してしまうことがある。この現象の発生自体は稀ではあるが、攪拌の際にタレや納豆が容器から漏れ出してしまうという問題を引き起こしてしまう。 上記の問題についての先行研究、出願特許を調査した結果、納豆の...
[ keyword ]        
2020年

 
 本論文では、1917年の十月革命からヨシフ・スターリンによって社会主義国家の体制が確立されるまでの約20年間、政治体制の変化とともに文学界はどのような影響を受けたのかを論じる。十月革命によってロシアは政治体制が大きく変化した。党が国を支配する一種の独...
[ keyword ]    
2020年

 
トングを使用してごみ拾いを行う際、現在広く流通しているステンレス製トング(以下従来品と記す)では、重量感から手に負担がかかってしまい、使い心地が悪いという問題点がある。 この問題に対して金澤1)は、トングの軽量化による掴みやすさの向上を提案し、従来...
[ keyword ]      
2020年

 
マニキュアを使用する際、一方の手で筆付きのマニキュアキャップを持ち、マニキュア液をもう一方の指の爪に塗る。通常の動作ではあまり使用しない手(利き手ではない方の手、以下「非利き手」とする)を使ってマニキュアを塗る必要がある。このため、利き手に比べて...
[ keyword ]    
2020年

 
現在広く流通しているステンレス製トング(従来品)は重く、ごみ拾いの際に使いづらいと感じることがある。 この問題に対して金澤は、材質にアルミパイプを採用し、パイプ型トング(改良品)を作成した。従来品260gに対して、改良品は152gまでトング本体を軽量化す...
[ keyword ]        
2020年

 
紙パックには、開ける際に飲み口の内側に直接手が触れてしまうという衛生的問題がある。特に飲み口の内側が強く接着されているのを剥がそうとして直接触れてしまうというケースが多い。これを避けるたに、すでに紙パックには、ペットボトルと同じような方式でキャッ...
[ keyword ]      
2020年

 
コンビニでコーヒーなどのような熱い飲み物(一般的に約70℃)を持ち帰る時に、付いているふた(トラベラーリッド)をしたまま飲む場合で、中身が見えないため舌のやけどしそうな恐怖感を感じることがある。 舌のやけどしそうになる恐怖感の過去の研究事例を「やけど...
[ keyword ]      
2020年

 
ほとんどの人が掛布団をかけた状態で睡眠をしている。寝返りの際には、掛布団が体に絡まり寝返りがしにくいことがある。そのような状態では睡眠の質が悪くなり、効率のよい睡眠をとることができない。そのため、掛布団が体に絡まることを改善し、寝返りをしやすくす...
[ keyword ]        
2020年

 
文部科学省が公表した「平成30年度学校基本調査(確定値)の公表について」によると、過年度卒業者を含めた大学への進学者は500万人以上、進学率は70.7%と年々増加している。大学への進学率が一般的になった事で、親の収入では学費を払うのが困難であったり、生活費...
[ keyword ]          
2020年

 
本稿では,中心市街地の商店街の衰退の事例として,新潟県新潟市中央区古町通商店街を取り上げ,その現状と衰退の原因,さらに古町通商店街再生の方法を考察することを目的とした. 商店街の衰退は全国的に問題となっており,特に中心市街地の商店街の活性化が課題となっ...
[ keyword ]        
2020年

 
本論文の第一章では、子ども買春の定義や世界で採択されている条例や条約、子ども買春に大きくかかわっている児童性愛者(ペドファイル)の存在について考察した。子ども買春の定義は「子どもの性を買う」行為であり、特に18歳未満の性を買う行為である。子ども買春...
[ keyword ]        
2020年

 
今日の日本では、地方から首都圏への移住が増加し、地域活性化や地方創生が叫ばれるようになった。筆者の出身地である新潟県も地方に分類され、若者を中心に進学や就職活動を機に首都圏への移住が非常に多い。人口流出とともに、シャッター街と呼ばれる衰退してしま...
[ keyword ]        
2020年

 
 新潟市の在留外国人に注目し、言語教育と多文化共生社会について考察した。  第1章では日本の現在の在留外国人数やその変化を国籍別、地域別に分析することで今の日本にはどれだけの外国人が暮らしているのか明らかにした。現在日本には282万9,416人の外国人が...
[ keyword ]        
2020年

 
本論文の目的は、第二次世界大戦中に日本軍がシンガポールで、なぜ多数の華人を虐殺するに至ったのかについて明らかにすることである。  第1章では、日本軍のアジア侵略とその過程で起きた南京大虐殺について考察した。日本人や日本軍が中国人に対する差別的な意識...
[ keyword ]    
2020年

 
 本論文では、フィリピンで強権政治が支持され続ける理由を、ドゥテルテ大統領を事例に明らかにしていくことが目的である。  第一章では、フィリピンの社会構造と貧困について考察した。フィリピンでは地域格差や所得格差が植民地期から存在している。1986年の民...
[ keyword ]    
2020年

 
PCオンラインゲーム市場で利用されている、課金に類するコンテンツの行動科学的アプローチの有用性を明らかとするために、オンラインゲーム市場とそのゲームタイトルの課金コンテンツを比較・分類する方法で研究を行った。  その結果、現在のPCオンラインゲーム市...
[ keyword ]      
2020年

 
 仕事をする、働くということは、「生きていくためには働かなければいけない、働かなければ生きてはいけない」といったように、働くことは生きていくうえでは避けられないものとして一般的にとらえられている。本論文の目的は、日本における労働観の変遷という観点...
[ keyword ]    
2020年






ページの
先頭に戻る