全 項 目 検 索
フリーワード :    



[全6610件] : 現在のページ「4」    ---61個目から80個目のデータを表示---


 
日本ではもともと主食としてお米を食べる人が多かった。しかし、若い世代の「コメ離れ」や、朝にパンを食べる家庭が増えてきている影響もあり、2011年の総務省「家計調査」の結果から、日本の一般家庭におけるパンの消費額がお米の消費額を上回ったと話題になってい...
[ keyword ]        
2020年

 
 今日、スマートフォンやSNS(Social Network Service)が普及したことにより、コミュニケーションの方法が話し言葉から文字へと変化した。その結果、コミュニケーションを取る機会が減り、面と向かってコミュニケーションをとることが苦手という若者が増加している...
[ keyword ]      
2020年

 
日本には2大テーマパークである東京ディズニーランドと東京ディズニーシーからなる東京ディズニーリゾート、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンがある。どちらも人気のテーマパークであり、ファンやリピーターが多く、休日にはとても混雑する。東京ディズニーリゾート...
[ keyword ]      
2020年

 
テレビ番組を視聴した際に面白いシーンで「続きはCMの後!」と予告し、突然CMに移行した時にCMに対してのネガティブな感情を抱くシチュエーションが多々ある。本研究ではそういった感情の原因はCMのみの問題なのか、CMの前の映像から感じる感情からその後のCMの印象...
[ keyword ]      
2020年

 
今日、食品スーパーマーケットは総合スーパーマーケットに比べて商品販売額の売上が増加傾向にあり、安定した業界となってきている。しかし、人口減少、高齢化などの問題により同じ小売業界での顧客獲得に向けての競争が厳しくなることが予想される。さらに、PBの開...
[ keyword ]      
2020年

 
広島東洋カープという名前は、スポーツが好きな人なら誰でも一度は聞いたことがあるのではないだろうか。広島東洋カープはセリーグに所属する球団の一つであり、つい最近、球団史上初リーグ優勝三連覇を達成した球団である。 私がプロ野球について論文を書こうと思...
[ keyword ]        
2020年

 
 第1章では、本論の目的と構成について述べた。新潟県には全国的にも勝る魅力の日本三大花火である長岡花火や日本三大夜桜である高田公園の桜といったものがあり、この魅力を見に来る県外からの観光客が多い。しかしながら全体的に見てみると観光客数の年々の伸び...
[ keyword ]      
2020年

 
音楽は様々な感情変化を起こすが、ギャンブル行動に影響を与えるのかをテーマにして、研究しました。研究の目的として、今まで音楽とギャンブル行動に関する研究は少なかったので、音楽がギャンブル行動にどれくらい影響を与えるのか研究しました。実験方法として、2つの音楽と2つの実験を用意し、それぞれの音楽で36名ずつ割り当て、実験しました。結果として、気分変化が起こり、リスク志向になる人と安全志向になる人の違いを見ることができました。
[ keyword ]      
2020年

 
本研究では、日本人の主食である米の消費量の減少が進む現状を調査する。また消費量が減少する要因をみつけ、消費を促す方法を提案することを目的とする。 米は我々にとって最も身近な食品であり、日本では昔から主食として慣れ親しまれてきた。米は主食としての特...
[ keyword ]      
2020年

 
 結婚の適齢期を逃してしまうことで、平均初婚年齢が高くなってしまう晩婚化や、条件を満たす相手に巡り合わないなどの、様々な要因により結婚をしないという未婚の選択肢をとる男女が増えることで起きる未婚化が深刻化している。そして、晩婚化と未婚化が深刻化す...
[ keyword ]      
2020年

 
 近年映画の鑑賞手段が、多様化している。その中でも急激に市場を成長させているのが、VODと呼ばれる動画配信サービスである。また、映画館離れという現象が進行していると言われている。さらには映画の鑑賞料金が値上げされるなど映画コンテンツを取り巻く環境は、変化している。  本研究では映画コンテンツの消費に関する変化に関して、映画館に関する推移とVODの普及に関する推移の調査結果を分析することにより行った。この分析をもとに、映画館離れの実態について探究し、今後の映画産業に対する結論を導き出した。
[ keyword ]      
2020年

 
本論文ではスキー・スノーボードをはじめとした、スノーリゾートの現状を明らかにした上で、利用者数を増加させる提案をおこなう。本研究対象は、新潟県新発田市にある「ニノックススノーパーク」を事例とする。 近年、スキー・スノーボードの参加人口が減少してい...
[ keyword ]        
2020年

 
 日本酒は古くから伝わる日本の国酒である。筆者は日本酒を初めて口にしたときからその魅力に惹かれ、数あるアルコール飲料のなかでも特に好きである。しかし、筆者と同年代である20代前半で日本酒を好む人は少なく、苦手だという人が多い。一方で日本国外では日本...
[ keyword ]      
2020年

 
 小さくなった国内おもちゃ市場は現在、回復の兆しを見せている。しかし依然としておもちゃ業界は少子高齢化問題、スマートフォンの普及の二つの問題を抱えている。このおもちゃ業界が抱える二つの問題により、今は好調であるおもちゃの市場規模はまた小さくなって...
[ keyword ]      
2020年

 
大学生における就職活動は、個人のアイデンティティの統合や確立、学校生活から社会人生活への移行および社会人生活以降の適応を円滑に導くための通過儀礼的位置づけにある、重要な活動と考えられている。現在は、活動に対して意識やモチベーションの低い学生が多い...
[ keyword ]        
2020年

 
 色の好みは、歴史的、社会・文化的側面や、人口学的側面によって規定されるばかりではなく、個人の心理的側面によっても規定される。心理学的要因としては、欲求、情緒、感情、性格、態度などのほかに、生育歴、経験、教養なども含まれる。  そこで本研究では、好きな色、生育歴、性格が戸建て住宅の外壁シミュレーションに与えている影響、また、日本人特有の「周りに合わせる文化」が、ある街並みの写真を見せた時、外壁シミュレーションに与える影響を明らかにする。
[ keyword ]        
2020年

 
本研究では、画像の加工のなかでも色味の変化による印象変化について調査した。3種類の画像にそれぞれ赤・緑・青・黄色の4色の色フィルタをかけ、元の画像と比べてどのように印象が変化するのかをSD法で調べた。同時に、普段の色や画像に対する意識についてのアンケ...
[ keyword ]          
2020年

 
大学生は日常生活の中で友人と一緒に授業を受けたり、食事をしたりするなど様々な時に友人と過ごすことが多い。しかし、それらは友人がいなくても行える場合も多い。したがって、大学での友人は本当に必要か分からない。さらには、友人がいる人といない人ではどのような差があるかに興味を持った。調査の結果、大学での友人は必要と考えている学生が男性、女性ともに約9割の人であるという結果が得られた。さらに、友人の有無では人間関係の満足度には関係ないことが示された。
[ keyword ]    
2020年

 
 スマートフォン(以下スマホ)が普及し、あらゆることが手軽におこなえるようになった現在では、音楽もスマホひとつで聴くことができるようになった。月額1,000円ほどで数千万曲が聴き放題になるサブスクリプションサービスや、無料で配信されている違法なアプリが...
[ keyword ]        
2020年

 
 ブラックバスは1925年に,アメリカから食用魚,ゲームフィッシュ(釣りの対象魚)として移入された.本来生息していない外来生物のブラックバスが,存国各地に定着し,河川湖沼の生態系に大きな影響を及ぼしている問題をブラックバス問題という.  生態系や,水...
[ keyword ]          
2020年






ページの
先頭に戻る