全 項 目 検 索
フリーワード :    



[全5760件] : 現在のページ「4」    ---61個目から80個目のデータを表示---


 
 1893年ごろから任天堂から発売された家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」をきっかけに、各家庭にゲームがあるのが日常になりつつあった。しかし、ここ数年で電車や新幹線など移動しながら手軽に遊べると話題のスマートフォンゲームが急激に世の中に普及して...
[ keyword ]      
2017年

 
人間は常にエネルギーを消費しながら生きている。運動中のエネルギー消費量に関する研究は数多くされているが、ウエイトトレーニング運動に関する研究は少ない。また示されている運動強度についても曖昧なものが多い。本研究では、比較的手軽に行うことができるマシ...
[ keyword ]          
2017年

 
 現在わたしたちを取り巻くIT(Information Technology)の技術は日々進化している。パソコンで文書を作成したり、スマートフォンでメールを送ったりすることは、現代社会においてもはや必須のスキルとなった。そして、現在存在する「仕事」と言われるものは、必ず...
[ keyword ]            
2017年

 
 2015年9月25日に発売された「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」に3D Touchという新機能が搭載された。3D Touchによって、今までスマートフォンの操作はタップやスワイプなどのタッチ操作が主流であったがそこにピークとポップという新しい操作が出来るようになった。...
[ keyword ]          
2017年

 
人は普段から様々な色を見ている。今日では、私達を取り巻く環境の色数は100 万から800 万ともいわれている。「赤」や「青」あるいは「黄」などの色は人間の心理と大きな関わりがあるといわれている。先行研究では、動作正確性(ダーツゲーム得点)は、赤色作業環境...
[ keyword ]          
2017年

 
本論文では、「より良い労働環境を実現させるために」をテーマとし、仕事と家庭を両立させる女性も増えていることから両立支援策にこれからは力を入れていくべきであると考え、両立支援策に着目し、より良い労働環境の実現について考察していく。両立支援策の中から...
[ keyword ]      
2017年

 
世間では、大学生は勉強をしないと言われている。過去の研究において、学生が勉強しない理由を調査したところ“ほかにやることがある”という理由が半分程占めていたとある。また、別の研究では、学年の変化によって学生の勉強に対する意識が変化したという結果も出て...
[ keyword ]        
2017年

 
 本論文では、家族とは何かを考えていく上で、上記のような仮説についても考察するために、人々の思う「理想の家族像」も研究していきたい。また、「家族とは何か」を研究した人々の家族論や、今まであまり気にも留めなかった、あるいは今まで身近に感じられなかった「特殊」と思われがちな家族のあり方を挙げることで、「家族」とは簡単な言葉では言い表せないものであるということも論じていきたい。
[ keyword ]      
2017年

 
本研究の目的は、最近ニュースや本などでもよく「若者の~離れ」という言葉をよく耳にするが、一昔前は喫煙、飲酒、ギャンブルなどをすることが当たり前の時代であった。しかし近年はこれらの事柄を経験する人数が減少している。一方では、若者の喫煙率が増加して...
[ keyword ]          
2017年

 
本研究の目的は、自重トレーニング運動及びオリンピックバーベルを使用した、三大種目(フリーウエイトトレーニング)における各種エネルギー消費量と運動強度(METs)を求めることであった。被験者は日常的にフリーウエイトトレーニングを行っている男子10名(19.9±1.3歳...
[ keyword ]          
2017年

 
 現代の消費社会の中で私は、社会における嗜好品について考えた。嗜好品と考えたとき、まず、酒といったアルコール類、コーヒーなどといったカフェイン類がある。しかし、嗜好品の中でもうひとつタバコというものが挙げられる。上記と違うことといえば、タバコ(ニ...
[ keyword ]  
2017年

 
 世の中には多種多様の表現方法がある。文章や音、画像で構成される表現方法は、画像や写真・音を応用して組み合わせた『動画』という新しい表現方法に進化してきた。その画期的な表現方法は、現代人にとって当たり前の表現方法となり、現在多くの媒体やメディアで...
[ keyword ]        
2017年

 
本実験の目的は、無酸素的運動である短時間最大ペダリング時に高濃度酸素吸入が作業成績にどのような影響を与え、また一般学生と学生陸上選手で高濃度酸素吸入の効果に違いが出るかについて検討することであった。被験者には一般学生6名(21.3±0.8歳)及び学生陸上選...
[ keyword ]          
2017年

 
本研究の目的は、睡眠時間の過不足が計算能力及び暗記能力にどのような影響を及ぼすかを明らかにすることであった。被験者はN大男子学生10名を対象とし、実験条件は睡眠時間5時間、7時間、9時間(以下5H条件、7H条件、9H条件)の3条件とした。起床時刻は午前7時とし...
[ keyword ]          
2017年

 
本論文では、学校におけるいじめ問題を、日本、イギリス、オランダ、ノルウェーを中心に国際比較した。データは森田洋司監修(2001)『いじめの国際比較研究:日本・イギリス・オランダ・ノルウェーの調査分析』(金子書房)を参照した。それにより、いじめ問題の国...
[ keyword ]  
2017年

 
 「粉飾」という言葉は、物事の見掛けを実際よりも優良に欺く行為とされ、会計上では業績悪化や赤字などの、企業・組織やその経営陣にとって都合の悪い情報を外部の目から覆い隠すため、データを改竄したりして、見掛け上、問題ないように装うことである。そして「...
[ keyword ]          
2017年

 
世界に視野を広げてみると、宗教の存在を無視することができないことに気がついた。私の中には、“宗教の本質に問題があるのではなく、最も恐ろしいことは、宗教に対する理解や宗教を信じる人を理解することができないことではないのだろうか”という問いが浮かんだ。“...
[ keyword ]        
2017年

 
 執筆の契機として2015年に起きた川崎市中1生徒殺害事件の存在がある。事件内容はとても凶悪的なものであり、初めてニュースを見たときに衝撃を受け、「少年犯罪」について興味を持つようになった。過去に起きた少年犯罪について調べていくと3つの衝撃的な少年によ...
[ keyword ]      
2017年

 
現在、少年犯罪の検挙人員は減少傾向にあるが、再犯率は右肩上がりとなっている。本論文では日本の少年犯罪について現状を明らかにし、犯罪に至ってしまう要因を家庭環境、教育環境、マスメディアの3つを挙げて言及していき、少年犯罪を減らすための取り組みと今後の...
[ keyword ]        
2017年

 
 筆者は、新潟の方言がどういうものかわからなかった。テレビなどのメディアでよく取り上げられる関西弁や沖縄弁などは耳にすることが多く、友人との間でもふざけて使うこともあった。全く新潟の方言を耳にすることがないわけではない。祖父母が時々使っている場面...
[ keyword ]        
2017年






ページの
先頭に戻る