全 項 目 検 索
フリーワード :    



[全6037件] : 現在のページ「5」    ---81個目から100個目のデータを表示---


 
 本論文では、ツイートの感情値とテレビ番組の視聴率に相関があるかを分析によって明らかにし、Twitterを視聴率の予測に役立てることが出来るかを調べることを目的とする。  分析は、WEBで公開されている3ジャンル(「ドラマ」、「娯楽」、「教育・教養・実用」)...
[ keyword ]                      
2018年

 
本論文は、服飾の流行がなぜ繰り返すのかという問いに対し、流行を自らの「この服が着たい」という欲望を重要視する「能動的な流行」と経済、社会動向、政治など外からの影響を大きく受ける「受動的な流行」の2つの視点から論ずる。第一章では服飾と流行の関係性に...
[ keyword ]        
2018年

 
 本論文では、村上茶の存立基盤を明らかにすることを目的とする。茶畑の変遷をみていき、現在まで継続して栽培が行われている要因について考察する。  村上市では、明治時代から地場産業として茶栽培がおこなわれてきた。明治40(1907)年には、それまで各茶業者...
[ keyword ]        
2018年

 
パソコンのキーボード入力作業をしていると,タイピングミスをすることがあり、入力作業に時間がかかってしまう。 そこで、富樫はタイピングミスを減らすため、500文字程度の文章を入力する被験者実験によりタイピングミスのパターンを解析し、ミスが多いパターンや...
[ keyword ]      
2018年

 
 若者は中小企業より安定的で労働環境の整っている大企業や公企業を希望する傾向にあり、中小企業の給与が大企業に比べると低い水準であるためであるため、大企業と中小企業の年俸格差を問題視している。また「福祉が整っていない」「労働時間の順守ができていない...
[ keyword ]                    
2018年

 
近年、ガソリンスタンドの形態が、大きく変化しており、店員がガソリンを詰めるフルスタンドから、お客自ら給油するセルフスタンドへの移行が進んでいる。しかし、実際はガソリンスタンドの全体数は年々減少傾向にある。それらの背景には、消防法改正や自然災害など...
[ keyword ]        
2018年

 
本論文では、日本とアメリカにおける「笑い」をテーマとして取りあげ、両国の「笑い」の違いを考察してきた。  日本と密接な関係にあるアメリカだが、「笑い」という大衆文化を一つとってみても、大きな違いがある。形式もさることながら、「笑い」をとるネタでも全くと言っていいほど違いがある。 「笑い」にはどのような歴史的、文化的なものが背景にあるのかを考察した。
[ keyword ]        
2018年

 
 2008年7月に米アップル社のiPhone3G が日本で発売されたのをきっかけに、スマートフォンの存在が日本国内でも認知されるようになり、スマートフォンブームが巻き起こった。  近年、タッチパネルを主たるユーザーインターフェイスデバイスとするスマートフォンと...
[ keyword ]          
2018年

 
本論文では、現在社会的問題となっている日本の労働力の減少に伴う移民、外国人労働力の導入・制度について取り上げる。このテーマを選んだ理由としては、現在日本では少子高齢化という状況下にあり、働き手の減少、労働力不足が問題視されていることに興味があった...
[ keyword ]          
2018年

 
1997年の神戸連続児童殺傷事件により、2001年から日本の少年法の改正が行われた。その後も改正が行われ、現在の少年犯罪の検挙人員は減少傾向にあるが再犯率は増加している。そのため本論文では、日本の少年犯罪の現状について明らかにしていき、少年院による矯正教...
[ keyword ]    
2018年

 
コンビニやスーパー、自動販売機などで販売されている紙パック飲料を飲もうとして、取り付けられているストローが入っているビニール袋を開けようとする際、上から押して上手く開けることができず手間がかかることがしばしばある。ビニール袋を取り出すときに何度も...
[ keyword ]        
2018年

 
 本論文は、普遍的若者文化と特殊日本的文化の二面性をもつJ-POPという文化のあり方を明らかにし、J-POPがどこまで日本的なものなのかを問うものである。  第1章では、J-POPがなにをうたってきたのかを考察する。まず、J-POPという用語を明確にする。次にヒット曲...
[ keyword ]      
2018年

 
 チャイコフスキーほど世界の人々に愛され、名作と呼ばれる音楽作品を遺した作曲家の名を挙げることは簡単なことではない。チャイコフスキーの音楽の魅力はどこにあるのだろうか。彼がこの世を去り100年以上たった今でも演奏され続けているのはなぜなのか。さらに、...
[ keyword ]    
2018年

 
 現在、安倍晋三首相は第2次安倍政権に入ってから憲法第9条改正の実現と、2020年の施行を目指し、具体的な改正項目をめぐる議論を行っている。また、第48回衆議院議員総選挙が2017年10月22日に行われ、自由民主党が過半数以上の261議席を確保した。この結果より、憲...
[ keyword ]          
2018年

 
 本論文は、日本とロシアにおけるコスプレ文化を比較し、今後のアニメ文化を中心とした両国間の交流の発展に向けて考察するものである。  まず、第1章では、「コスプレ」というものの概要について説明する。もともとコスプレはアメリカのSFファンが始めたものだっ...
[ keyword ]        
2018年

 
This study is about stakeholders’ attitudes toward the medium of instruction (MoI) and its policies in the Philippines. Martin (2012) explained that the country has functioned two main languages. Filipino constituted as the national language in 19...
[ keyword ]        
2018年

 
 現在のフィリピンでは、海外へ出稼ぎに行く労働者の保護をすることが重要な国策のひとつとなっている。海外へ出稼ぎに行くフィリピン人労働者から自国への送金は、2015年の時点で国家のGDPの約1割を担っており、今や彼らは国家にとって必要不可欠な存在である。 ...
[ keyword ]          
2018年

 
現在、世界で児童労働が蔓延しており、児童労働に従事する子どもの数は、2016年時点で約1億5000万人に上る。特に本論文で取り上げるバングラデシュはインドに続き、世界でも2番目に多い児童労働者数である。それにも関わらず、バングラデシュ労働雇用省管轄の査察員...
[ keyword ]  
2018年

 
JICA(Japan International Cooperation Agency:独立行政法人国際協力機構)は現在まで、主に発展途上国が抱えるさまざまな問題の解決に向け、資金援助や技術援助をおこない、ひとつひとつのプロジェクトを評価した結果をウェブサイトで公開してきた。 だが、この...
[ keyword ]          
2018年

 
近年、海外だけでなく、日本でもフェアトレードが広まってきている。 一般社団法人日本フェアトレード・フォーラム(FTFJ)が2015年に実施した「フェアトレードと倫理的消費に関する全国意識調査2015」 によれば、フェアトレードの認知度は全国平均が29.3%である一方、...
[ keyword ]      
2018年






ページの
先頭に戻る