全 項 目 検 索
フリーワード :    



[全5760件] : 現在のページ「8」    ---141個目から160個目のデータを表示---


 
 本論文では、2011年1月14日に起こったチュニジアのジャスミン革命と、その後の動きについて取り上げる。  チュニジアは1956年にフランスの保護領から独立を果たすと、その後はブルギバとベン・アリの2人の独裁者による独裁体制が続いていた。しかし2011年にジャ...
[ keyword ]    
2017年

 
 本研究では「スマートフォン(以下スマホ)のゲームアプリケーション(以下アプリ)における課金行動の要因とは何か」という問いの解明を目的とする。主にソーシャルゲームにおけるゲームアプリ内で課金行動を行う要因として「投資時間説」「友人数説」の2つの仮説を構...
[ keyword ]    
2017年

 
 コンピュータ会計情報システムはどのように発展し、今後どのように変化していくのか。本論文では、会計情報システムの歴史を振り返り、今後会計情報システムがどのように変化していくのかを考察する。  会計情報システムとはコンピュータを使って会計に関する多...
[ keyword ]          
2017年

 
本論文では、音楽における暴力性とは何か考察した。そのために、いかにして音楽が暴力性を孕むのかという問いを立てた。事例として、アウシュヴィッツの音楽隊と十五年戦争時の日本の軍歌をとりあげ、検討した。アウシュヴィッツでは虐殺などの暴力を肯定するための...
[ keyword ]        
2017年

 
スポーツや習い事において、練習期間が決められていることは多い。その環境の中で効率よく練習を行うためには、練習や試合の内容を細かに記録、分析し、最適な練習法方を導き出すことが必要である。  しかし、実際に練習内容や試合を記録している人はそれほど多く...
[ keyword ]    
2017年

 
 中国の化粧品市場は、1978年の改革・開放政策以降、急速な発展を遂げた。現在の中国化粧品市場には、欧米、日本、韓国など多くの外資系企業が相次いで参入しており、アメリカに次ぐ世界第2位、アジアでは第1位の市場に成長した。本論文では、中国化粧品市場の成り...
[ keyword ]        
2017年

 
 本論文は「日本の若者が見る韓国の若者事情 そこから何が見えるのか」というテーマで書き進めていく。  このテーマで卒業論文を書こうと思ったきっかけは、3年前期の授業で若者たちの間で、現在の韓国社会を表す造語が誕生したと聞いたことからである。この造語...
[ keyword ]      
2017年

 
言葉とは思想・感情・意思を他者へと伝達するものである。しかし、時にそれら普遍的で身近な伝達手段は異なる体系の言語を使う人間へと大きな影響を及ぼすこともある。前世紀において、ヨーロッパを中心とする列強がアジア・アフリカ地域を植民地とした。それに伴い...
[ keyword ]                
2017年

 
 本論文では、アメリカ黒人映画をいくつか取り上げ、映画が黒人差別とどのように取り組んできたのか、差別を克服する方法として役立ったのか、映画は黒人差別の歴史を変えるにあたってどのように貢献したのかを検討する。  まず、はじめにアメリカ黒人映画が作り...
[ keyword ]        
2017年

 
 本論文では、差別に対して、ただ単に無くすべきだと言うのではなく、差別感情といかに向き合っていくべきかを問題にした。そのために、とくに“気づき”に着目し、その意味と意義を詳細に論じた。その際、“気づき”とは、自らの在り方を振り返ること、自らの中にある...
[ keyword ]    
2017年

 
本論文ではなぜ人々がいまだファシズムを愛してしまうのかについて小説、映画、漫画などの媒体を対象に考察を進めていく。まず、はじめに各国のファシズムの歴史について概観したのち、次の作品を取り上げた。「アドルフに告ぐ」・「独裁者」・「愛と幻想のファシズ...
[ keyword ]    
2017年

 
2016年8月8日宮内庁を通じて天皇の象徴としての務めについて述べた今上天皇のことばがビデオメッセージで伝えられた。そのことばは象徴天皇として望ましい形を模索し続けている今上天皇が、象徴天皇としての役目を途切れさせないために私たち国民に向けられたもので...
[ keyword ]      
2017年

 
2008年にApple社からiPhoneが発売されて以来、スマートフォンの普及と共に歩きながらスマートフォンを操作する、所謂歩きスマホが近年問題となってきており、多くの企業が歩きスマホに対して取り組みや呼びかけを行っているが、取り組みが多くの人に知られていないことや駅など人が多くいる場所で歩きスマホをしている人の数にあまり変化が見られなかったことを知った。なぜそのような状況となっているのか歩きスマホの現状について調査し、今後の歩きスマホの防止について提案を述べていく。
[ keyword ]    
2017年

 
本論文では、共通の歴史認識は可能かという問題意識のもと、日中戦争、太平洋戦争、ベトナム戦争について、日本、中国、アメリカ、ベトナムの教科書を比較した。取り上げた歴史的事実は「中国進出のきっかけ」「満州事変と満州国建設」「南京事件」「盧溝橋事件」「...
[ keyword ]      
2017年

 
本論文では、外食産業において、箸はどう変化していったのか明らかにすることを目的とする。アジアを中心とする「箸食文化圏」に属する日本は、長い年月をかけて独自の特徴をもった箸を作り上げてきた。そして、日本の食文化の変化に伴って、箸も時代ごとに変化を繰...
[ keyword ]      
2017年

 
2014年で女性管理職の割合はだいたい10%くらいである。現在は、男性一人で家計を支えることは困難になっており、日本の合計特殊出生率の低さが将来において深刻な人口減少と労働力縮小という問題を引き起こしつつある。このような社会構造で若者たちがどのようなこ...
[ keyword ]      
2017年

 
本論文では、少子化の主な原因とされている若者の晩婚化や未婚化について論じている。 若者の晩婚化や未婚化が進行している背景には、恋愛を面倒と感じたり、恋愛をしなくても一人で楽しめるツールの存在が挙げられる。また、いまだに性別役割分業意識が残っている...
[ keyword ]        
2017年

 
 本研究の目的は、児童虐待ソーシャルワーカー(SW)は子どもの支援・保護のために何が求められているのかについて、イギリスの児童虐待の変遷やSWの役割等を比較し考察することである。  世界的に格差と差別が広がり、特に弱者への悪影響が見られるようになった...
[ keyword ]    
2017年

 
 本論文の目的は、先行研究をふまえながら今一度、貧困と学力の関連を検討した上で、政府や地方自治体、学校、教員、家庭など様々な視点から何が子どもの学力に影響を与えているのかを明らかにすることである。また、全国学力・学習状況調査で毎年、小学校・中学校...
[ keyword ]      
2017年

 
 日本において近年少子化が問題となっている。それと同時に晩婚化や未婚率の上昇も問題視されている。その背景には、女性の社会進出が活発になっていったことや性別役割分業意識がいまだなくならないこと、そして将来における経済的不安が大きいことなどといった現...
[ keyword ]      
2017年






ページの
先頭に戻る