全 項 目 検 索
フリーワード :    



[全6610件] : 現在のページ「9」    ---161個目から180個目のデータを表示---


 
本論文はいじめを主体にその原因や背景やしくみ、また被害者や加害者の関係性やお互いのその後、どのような状況下や条件でいじめが起きるのかといったことを述べたものである。また、いじめが発生しやすい時期や場所等を考慮した上で自分なりの考察を交えながら述べ...
[ keyword ]      
2020年

 
本論文は米粉による日本の米消費拡大について取り上げる。国内の米消費量は、ピークであった昭和37年以降、減少を続けており、平成30年時点でも続いている。日本では、高齢者ほど主食の米への依存度が高くなっており、若者たちほど主食がパンや麺類に依存する傾向に...
[ keyword ]          
2020年

 
本研究は、男性らしさ、女性らしさに対する意識について一般的な回答と筆者自身の回答を照らし合わせ、普通(一般的)とは何かを考察し、多数派の意見を知ることで一般的な考え方を身に着けることを目的としている。
[ keyword ]    
2020年

 
要約  本論文で取り上げる内容は「依存症薬物等データベース」である。依存症薬物というとあまりなじみがないかもしれないが、ここでは副作用に依存症を引き起こす危険性がある医薬品・物質のことを指す。いわゆる乱用薬物(コカイン、ヘロインなど)もこの中に...
[ keyword ]      
2020年

 
 中国料理は世界三大料理の一つに数えられていて、世界中で人気があり、多大な影響を与え続けている。それほど有名な中国料理にはどのような魅力があるのか、本論文では、中国料理の特徴を調味料と各地方料理の特徴という視点から解明する。また、本論文に取り組む...
[ keyword ]      
2020年

 
 コミュニケーションという言葉は、現代社会にあふれている。仕事に就く力としても 第一位に挙げられるのもコミュニケーション力である。コミュニケーションとは何か。それは意味や感情をやり取りする行為である。やり取りするのは主に意味と感情であり、情報をた...
[ keyword ]        
2020年

 
 本文では「いじめとスクールカースト」の関連について取り上げる。いじめの研究は1980年代から、ノルウェーなどの北欧諸国を中心に開始された。日本では、いじめを苦にした児童の自殺が多発したことをきっかけにいじめの研究に取り組み始めた。しかし、現在に...
[ keyword ]    
2020年

 
本論文は、日本におけるキャッシュレス化の現状を分析し、キャッシュレス化の推進策を提案する。私が論文を執筆するにあたり、キャッシュレス推進をテーマに選定したのは、大学生になってから頻繁にキャッシュレス決済を利用するようになったからである。クレジット...
[ keyword ]          
2020年

 
日本のギャンブル依存症の人数は各国と比べて多い、現在日本の人口は約1億2000万人いるが、日本のギャンブル依存症の人数は約320万人いる。さらに依存症と疑われる状態の人は約70万人いることから日本のギャンブル依存の進行度が伺える。また日本には公営ギャンブル...
[ keyword ]      
2020年

 
本論文では、日本で自動運転が実現するための環境整備について述べる。現在の日本では、高齢者による事故や少子高齢化による人口減少などが問題となっている。私が論文を執筆するにあたり、このテーマを選択したのは、新聞やテレビなどで事故のニュースを見ていたと...
[ keyword ]      
2020年

 
 本論文はロシアで人気であるトヨタ車はどのようなものかという問いに対し、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタとする)の概要と海外進出、ロシア市場において販売されている自動車などの統計から判断して論じていく。トヨタは世界的に有名な自動車メーカーである...
[ keyword ]        
2020年

 
近年、地球を取り巻くオゾン層の変化など様々な要因により、地上に降り注ぐ紫外線量が増加傾向にある。紫外線は、皮膚に悪影響を及ぼすものであることは一般的に認識されている。また、日本人の平均寿命は伸びつつあり、日本の2007年に生まれた子供の半数が、107歳よ...
[ keyword ]      
2020年

 
私たちがスポーツを行う理由は健康のため、体力増進または維持のため、運動不足を感じるからなどの体に気を遣う理由が最も多く、次に多いのが楽しみ、気晴らしとしてなどリフレッシュや気分転換という理由である。そして次に多いのが、友人仲間との交友、家族のふれ...
[ keyword ]      
2020年

 
近年,IoT、人工知能(Artificial Intelligence)、ビッグデータといった情報技術の発展が急速に進んでおり、現在日本ではSociety 5.0の実現を目指している。実現に向けて、これまでの情報社会での技術を生み出す知識やノウハウを持った人材だけでなく、それを社会の...
[ keyword ]      
2020年

 
 本論文は、恋愛の自由化が進み誰もが自由に恋愛を選択できるようになったことが、人の意識や社会にどのような影響を与えたかを、主に若者・性的マイノリティに注目して考察する。そして恋愛の自由化の現状と、理想的な社会を創るための今後の課題について考えてい...
[ keyword ]        
2020年

 
この論文は、かつて人知を超えた不可思議な存在として語られていた妖怪たちが、現在ではキャラクターとして画一したイメージを持って存在していることについて、畏怖すべきものからキャラクターになっていく妖怪の変遷を追っていくためのものである。時代を江戸時...
[ keyword ]  
2020年

 
本論文は、近年よく目にするようになったドラッグストアが売上を伸ばすために同業他社と比較してどのような戦略を立てているかを、特に3社独自の取り組みに焦点を当てて調査していく。  第1章では、自身が本論文でドラッグストアをテーマに選定した背景、売上でド...
[ keyword ]          
2020年

 
現在、ショッピングセンターにはアパレル店、ベビー用品店などの専門店や映画館、本屋、電気屋などがある。食料品だけでなく様々な店が併設している。現代のショッピングセンターは「何でもある」というイメージになっている。一方、アウトレットモールは、ファッシ...
[ keyword ]        
2020年

 
 高齢化社会のますます進行する今日の日本において、これまでタブー視されていた様な死に関する話題が「終活」ブームによって関心が高まりつつある現状がある。そのような中で、自分がどのような人生の最期を迎えるのか無関心ではいられない。  本論文では、人生...
[ keyword ]              
2020年

 
宝塚歌劇は未婚の女性のみで構成される。男役も女性が演じる、世界的にも珍しい劇団である。2014年に100周年を迎え、現在も人気を保ち続けており、歌舞伎のように一種のジャンルと呼ぶことができるのではないだろうか。宝塚大劇場と東京宝塚劇場を中心に行われる公演...
[ keyword ]      
2020年






ページの
先頭に戻る