抄 録 検 索
抄録内ワード検索 :       


[全7511件] : 現在のページ「24」    ---461個目から480個目のデータを表示---

 
 現代においてアイドルに対する過度なオッカケ行為が社会問題になりつつある。これは日本だけでなく韓国でも起きている。筆者も過去に過度なオッカケ行為をしていたことがあったが、現在は節度とある程度の距離保ちながらオッカケをしている。先行研究ではなぜ法を...
2022年
 
 本稿では、適応障害になった人の社会復帰に向けた社会の在り方について論じた。  適応障害は精神疾患の一つであり、ストレスとなる生活の出来事などにより、抑うつ状態などを引き起こすものである。筆者は適応障害と診断されたことがある。この経験がきっかけで...
2022年
 
50 年以上前に始まり、既に約 2.3 ドル以上の資金が開発援助として途上国に投入されてきた。だが、現在も貧困による飢餓や感染病で多くの尊い命が奪われていることは事実で、 2021 年現在で極度の貧困状態(1 日あたり 1.90 米ドル以下)で暮らしている人々は全世界で ...
2022年
 
あらまし  人間の生活にはメリハリがある。例えば、「仕事」「趣味」「家事」「気分転換」のように時間を有意義に使い、ストレスを溜まりにくくしている。中でも「気分転換」は、不快な気分になった心を、前向きな気持ちに切り替えるためにすることである。気分転...
2022年
 
グリゴリー・ラスプーチンはその怪しく奇妙な風貌や様々な噂から悪名高く知られ、“怪僧”と呼ばれている。多くのフィクション作品で悪役キャラクターとしても描かれるが、なぜこのような人物がロマノフ王朝最後の皇帝夫妻と関わりを持つことができたのだろうか。 ...
2022年
 
 本研究の問いは「話を聞く際にうなずくという行動が、話の理解度にどのような影響を与えているのか」である。聞き手はうなずくことによって良い印象を与えることは明らかになっているが、うなずきが話の内容理解に繋がっているのかについて実験する。  理解度に...
2022年
 
 国際財務報告基準(IFRS)は、国際的な比較可能性を高めるために作られた会計基準であり、IFRSを導入することで海外企業や海外の投資家への説明の簡易化や海外での資金調達の円滑化などが期待される。  第2章では、IFRSの概要について述べてきた。IFRSが導入された...
2022年
 
今日音楽イベント業界では、4万人以上の規模の公演数がライブ・エンタテインメント市場を引っ張った2019年の4237億円から、2020年は前年比83.1%減の714億円へと減少し、コロナウイルスの影響で経済的に深刻な打撃を受けていることがよく分かる。日本の有名な音楽フェ...
2022年
 
 本論文は、ロシアの始まりである古代ロシア、キリスト教を受容して変化を伴っていくロシア、そしてソ連時代(後期社会主義時代)に着目して、ロシア人の信仰心がどのようなものだったのか、そしてどういった変化があったのかという事を明らかにする。又、ロシア人の...
2022年
 
本稿では、新潟県の「新潟5大ラーメン」の地域活性化に対しての効果と観光資源としての可能性について考察することを目的とした。  5大ラーメンと呼ばれるラーメンを提供する店、あるいは広報的な役割を果たす組織への聞き取り調査の結果、燕市、長岡市、新潟市で...
2022年
 
 本研究では、今後のファッションの流行を予測するため服装の流行の周期性について研究した。仮説として親との親密度から受ける影響、海外アーティストなど有名人から受ける影響、身近な友人から受ける影響の3つの仮説を構築したうえで調査・分析を行った。  調査方法は、高校生、大学生の若い世代へのアンケート調査を行い、その結果を用いてクロス集計を行い分析した。分析結果から親との仲の良さから服を譲り受けるなどして親の若い頃の服装の影響を受けていることが判明し、周期で流行が回っていることが明らかになった。
2022年
 
 サブスクリプションサービスの流行により提供されるようになった新たなものから、長年存在するものまで、現在世の中には様々な定額制サービスが存在する。その中でも比較的昔から存在し、1つの分野に特化した食べ放題の中では代表的である焼肉の食べ放題を例に定額...
2022年
 
あらまし  古くから医療現場における診療は、病院に患者が出向くことが主流だった。現代の日本では、情報通信技術(ICT)や人工知能(AI)が急速に発展する中で、オンライン診療が注目されている。しかし、日本でオンライン診療を受診したいと考える人が少ないこと...
2022年
 
 本研究では、新聞において「血液型性格診断」の記事は根絶したのか調査した。朝日新聞記事データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」と読売新聞データベース「ヨミダス歴史観」を使用し、変化を見るために2021年から1985年を調査し、「血液型性格診断」が根絶したのか調査し...
2022年
 
 本研究では、個人情報の非開示による印象の変化の解明を課題とする。近年顔出しをせず人気を得ているアーティストが増えていることから非顔出しを好む回答者にはどんな傾向があるのかを調査する。性格要因と聴取経験が音楽の好みに関係する先行研究を参考に仮説を...
2022年
 
 本研究では、どのような人が不寛容性が高くなるのかを解明する。先行研究では類似性認知の高さ、疲れ、経験が不寛容性を高めると述べられている。本研究では、先行研究を踏まえ対面した人間関係では類似性認知の高さ、疲れ、経験のいずれが不寛容性を高めるのかと...
2022年
 
 本研究では、若年層の投票率、政治的関心を高めるために親子関係に焦点を当て、親が子どもに投票行動を促す要因を解明するため研究した。仮説として、自信喪失説を構築したうえで調査・分析を行った。  調査方法は、まず若年層を対象に選挙についてのインタビュ...
2022年
 
 いま世界中で人種差別が大きく問題視されている。世界中で問題視されるきっかけとしては、2020年アメリカのミネソタ州ミネアポリスの路上で起こった白人警官が黒人男性(ジョージ・フロイド氏)の首を押さえつけ殺害したことである。この事件後アメリカでは、大き...
2022年
 
 本研究では,女性向けコンテンツにおける長期発展の要因解明に向けて,長期的な支持を得ている『刀剣乱舞-ONLINE-』(以下,『刀剣乱舞』)を取り上げ,個人ごとのソーシャルゲームプレイ実態や,『刀剣乱舞』から受けているイメージを聞き取り調査した.今日のサブカル...
2022年
 
細胞シミュレーションの基礎方程式には、連続の式と運動方程式の2つがあるが、本研究では新たな試みとして応力発展方程式を追加したアルゴリズムを検討することを目的とした。シミュレーションには、Cellophaneという近山研究室で開発中の3次元細胞シミュレータを使...
2022年





ページの
先頭に戻る