抄 録 検 索
抄録内ワード検索 :       


[全6916件] : 現在のページ「1」    ---1個目から20個目のデータを表示---

 
 本論文では、近年世界中で進行しているキャッシュレス社会において、近隣諸国と比較した際の日本のキャッシュレス決済比率の低さを主な問題点として挙げている。そこで、第1章では日本がキャッシュレス社会に向かうに当たって、キャッシュレス化とはどのようなこと...
2021年
 
 本論文のテーマは、1945年の日本の敗戦後、日本にとどまった朝鮮人の名前について主に考察するものである。創氏改名によって強制的に名前を変えられたり、創氏改名の廃止後も日本での生きにくさやさまざまな葛藤を持った在日朝鮮人についてとりあげる。  第1章で...
2021年
 
 日本で注目されている問題の一つとして、食品ロスがある。2012年に約642万トンであった食品ロスは、2018年に約600万トンに減少した。その内訳は、家庭系が約276万トン、事業系が約324万トンである。  本論文の目的は、新潟県下越地方を事例に、飲食店の食品ロス...
2021年
 
 本論文では日中経済関係の構築をテーマとする。私がこのテーマを選んだ理由は、中国語を専攻していたことや中国留学へ行ったことで日中関係に興味を持ったからである。現在、中国は急速な経済成長を遂げて世界第2位の経済大国となっている。日中関係を学んでいくな...
2021年
 
論文抄録 第1章  メンタルについて述べていく。メンタルとは必ずしも皆同じではなくそれぞれの性格によって強さや考え方が変わってくる。 第2章   メンタルの重要性を例に沿って述べていく。スポーツにおいてはリラックスが大切だということである。いか...
2021年
 
本研究では、都道府県別の犯罪発生率を分析し、犯罪発生要因を解明する。仮説として、人口増加説、格差説、暮らしやすさ説を構築し、都道府県別の人口や失業率などのデータを集めて因子分析し、その因子得点を独立変数として回帰分析を行った。従属変数は各犯罪割合...
2021年
 
本研究では、日本の音楽市場で未だに大きな割合を占めているパッケージ売上(CD売上)について、その売上促進要因の影響度を調査する。売上の順位を説明する「Twitter説」「YouTube説」「ライブ説」の3つの仮説を構築した上で調査・分析を行った。調査方法は、60名...
2021年
 
本研究は、地域・職場・学校等のコミュニティにおいての生産性向上・活性化と深い関係のある人間関係を良くするため、組織内の人間に対する好感度を向上させることを目的とした研究である。謎解きを初対面の女性3人チームで行った際に、相手への印象(好感度)はどの...
2021年
 
本研究では、遠隔授業から対面授業への移行によって学生がどういったストレスを感じているのかを明らかにするため、本学生を対象にアンケート調査を行った。仮説として、HSPストレス仮説、緊張性ストレス仮説、他者嫌悪妄想仮説、他者評価妄想仮説、対面嫌悪感仮説を...
2021年
 
本研究の課題は男性化粧の印象と女性自身の化粧行動や意識との関連性についてについて明らかにすることである。異なる4段階の男性化粧画像の組み合わせを一対比較法を用いて比較を行い、どの段階で印象が変わるのか明らかにする。そして、好印象である化粧に影響を及...
2021年
 
本論文では、同性婚における諸問題について論じる。近年では、同性婚を認める国が着々と増えてきている。世界で初めて同性婚を法的に認めた国はオランダである。オランダをきっかけに、世界では同性婚について動き出した。2020年5月現在では、ヨーロッパ、南北アメリ...
2021年
 
本研究は、VTuberがなぜリアルの歌声よりも世界観を伝えることができるのかを明らかにするため、本学の学生に対して紙面調査を行った。仮説として、「曲の世界観とVTuberの世界観が一致する説」、「VTuberの歌声から世界観を感じる説」、「アニメの世界観説」、「VTu...
2021年
 
 本研究では、近年人気のある過激な言動のキャラクターを参考に、そのようなキャラクターが注目される要因を分析した。仮説として、キャラクターのギャップ説、ストレス説を構築しTwitter 及びLINE 上で56 名に対してアンケートを取り、そのデータをもとに分析を行...
2021年
 
本研究では、近年におけるホラーコンテンツの関心度の増加傾向と経験による没入感の関連性を解明することで、衰退傾向にあるホラー人気の再燃を図る。仮説として「人はホラーコンテンツに触れた際、自身の生活様式に似た背景の作品に没入し、恐怖を感じる」を構築し...
2021年
 
「ファストファッション」という言葉が日本で頻繁に聞かれるようになったのは2008年頃からである。ファストファッションの流行は一時では終わらず、何年もの間、消費者から支持されてきた。しかし、2018年頃からファストファッションの終焉が指摘されるようになった...
2021年
 
本研究では、どのようなスマートフォンアプリケーションジャンルがスマートフォン依存度に影響を与えているのかをWeb調査で行った。仮説として、音楽ゲーム説、動画配信サービス説、情報収集系ツール脱線説、美少女・イケメン育成RPG説を構築し、Web調査で75名にスマ...
2021年
 
本研究では、「コーラスサウンドを用いることで次世代ロックミュージックの人気を加速させることができるのか」を検証するために、ギターにおけるコーラスエフェクターの有無による2種の音源を用いた実験を行った。仮説として「コーラス耳馴染み説」、「新ギターサウ...
2021年
 
服従という行為は我々の社会生活において絶えず行われているからこそ見落とされがちな現象である。学校においては教師と学生、職場においては上司と部下、家庭においては親と子のようにその場所や空間ごとの社会的関係の中に服従を見出すことができる。こうして見る...
2021年
 
本研究では、インターネットリテラシーの啓発教育の発展に向けて、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の個々人ごとのリテラシー知識や実際の行動を聞き取り調査した。どんな場合にリテラシー知識と行動が乖離しほころびが生じるのか、利用方法が変わるのかを...
2021年
 
本研究では、極めて高い難易度を誇りながら国内外おいて人気を高めている「死にゲー」について、人々は死にゲーのどんな場面のどんな要素に楽しさを感じているのかについて研究を行った。10名の参加者に対して心拍数を計測するためのスマートウォッチを利き手に装着...
2021年





ページの
先頭に戻る