抄 録 検 索
抄録内ワード検索 :       


[全6911件] : 現在のページ「4」    ---61個目から80個目のデータを表示---

 
本論文では、モーフィングによって日常的にみられる曖昧な表情を作成できるのかの調査、また作成した曖昧表情の表情認識の実験、また、気分や感情による表情認識の変化について実験を行った。 調査1では、笑み・怒り、笑み・悲しみ、怒り・悲しみの各表情にそれぞ...
2021年
 
日常会話で気になっていたうなずきであるが、特に、就職活動での企業説明会や面接での周りの学生や実験者自身が、企業の方の話を聞いているときに、「うなずき」を多用していることが気になった。そのうなずき行動は、無意識なのか、意識的に行っているものなのか。...
2021年
 
あらまし  現在、佐渡の総人口また観光客数も年々減少傾向にある。そのため、佐渡島内での消費が落ち込んできている。そこで、人口減少分による消費を取り戻すために、観光客の誘致を考えた。ここで観光客誘致において課題となるのが「交通の手段の脆弱性」や「人...
2021年
 
(あらまし)  近年、日本国内では睡眠で休養が十分に取れていない者の割合が増加傾向にある。こうした不眠の状態は、長く続けば続くほど肉体面や精神面に悪い影響を与えていく。全体的に年々増加していく睡眠の不満は若年層にも強く影響を与えている。よってその...
2021年
 
本論文は、欲望について、「そこからの解放とは何か」という観点を導入し、考察したものである。自分の欲望やその欲望を確認するという行為が、自分自身を暗い気持ちにさせることは珍しいことではない。他でもない自分の欲望や価値観に基づいているにもかかわらず、...
2021年
 
 本研究ではサンクコストや時間割引が時間的展望尺度にどのような関連があり、影響を与えるかを明らかにするため、アンケートを用い時間割引に関する質問を3つとサンクコストに関する質問を2つ、時間的展望尺度の質問を1つ、時間に関する意識傾向の質問を1つ、計7...
2021年
 
経済面からみた紅茶は、大英帝国にとって重要な財源確保の手段であった。紅茶は砂糖やミルクと一緒に飲まれるものであったため、紅茶の普及とともに砂糖の需要も増加していた。また、紅茶は投資先としても機能していた。紅茶を運ぶティークリッパーによるレースも経...
2021年
 
 近年、少子化により日本の人口は減少していく傾向がみられている。日本の出生数は、第一次ベビーブーム期では約270万人、第二次ベビーブーム期では210万人と好調だったが、1975年には200万人以下となっており、それ以降は全体的に見て、毎年減少傾向にある。よって...
2021年
 
日本の野球業界は、競技人口の減少やファン人口の減少などの課題を抱えている。一方でアメリカの野球業界では、近年ビジネスや医療など多岐にわたる分野で活用されているビッグデータをチームの好成績に繋げた例がある。このことから、日本の野球業界の課題の解決策...
2021年
 
 本論文は、近年挙げられているプロ野球人気の低迷やプロ野球ファン人口の減少、また、アマチュア野球選手の人口の減少などの要因について考察した。これらの野球人気低迷の要因を明らかにすることは、今後の野球人気復調へとつながると考えられる。  第一章では...
2021年
 
近年、外食志向が高まってきていることが社会的に話題になっていた。しかし筆者がアルバイトをしているステーキガストでは売り上げが低迷しており、そのような社会兆候の実感がないことがあった。さらに近年度重なる消費税増税や、昨今の社会問題である新型コロナウ...
2021年
 
鉄道やバスを利用したことは多くの人があるだろう。目的地に行くためには必要不可欠な交通手段である。しかし、地方では自家用車の方が利便性が高く依存をしてしまいやすい。自家用車に頼る生活に慣れてしまった場合、運転が出来なくなった時に今までの生活を維持で...
2021年
 
 筆者は学生時代、ブラックバイトに勤めていた。そこでは、長時間労働、サービス残業、社員がやるべき仕事をやらされる、シフトの希望が通らないなどを経験した。私はこういった経験とそこで働いている社員の方の現状を知ったことによりブラック企業問題について関...
2021年
 
個人同士で行われる転売行為は大々的には取り締まられることはなく、一部の転売ヤーだけが批判を受けているという不思議な状態にあった。近日には、チケットに関する“チケット不正転売禁止法”が施行される。しかし、一口に転売行為と言っても、不正行為として成立す...
2021年
 
近年、若年層へのスマートフォン普及が進んでいる中でアプリケーションの利用率が高まっている。また、スマートフォンのアプリケーション毎に利用規約などの用意が必ずある。 しかし、用意されている利用規約などをユーザーはほとんど読んでいないのが現状である。 ...
2021年
 
本論文では2章でオンライン授業について調べたことを示し3章でアンケートについての説明をした。 4章では新潟国際情報大学で行ったアンケートをもとにオンライン授業の問題点を洗い出した。 5章では問題点のうち学生の集中力について、オンライン授業のデメリット、リアルタイム型における学生側の音声や映像の必要性について取り上げ改善点を述べた。
2021年
 
近年、テレビゲーム、スマホゲームなどは様々な場所で遊ばれている。家の中では、家庭用ゲーム機やPCゲーム、家の外では、携帯ゲーム機やスマホゲームなどで遊ぶ人もいる。 近年ではスマホゲームの普及により、今までゲームをしてこなかった人もゲームをするように...
2021年
 
SNSは今では生活とは切っても切り離せないほどに浸透しており、その需要は今でも高まり続けている。他人とのコミュニケーションを行うツールとしてはもちろんのこと、最新情報を得るための手段や、宣伝を行う手段としても用いることができる。 SNSの代表例であるT...
2021年
 
昨今、日本では地方の人口減少が社会問題となっている。日本の人口は2008年をピークに減少の一途をたどっている。それに伴う労働人口の減少は、企業における人で不足や、社会保障の担い手の減少を引き起こしており、わが国の喫緊の課題といえる。47都道府県のう...
2021年
 
新型コロナウイルスの影響によって、学生はインターネットを通して学校の授業を行うオンライン授業を受けることを余儀なくされた。突然の学習環境の変化によって生まれる問題は様々だが、その中で学生がオンライン授業によって受ける精神面、身体面での問題など、学...
2021年





ページの
先頭に戻る