抄 録 検 索
抄録内ワード検索 :       


[全7215件] : 現在のページ「15」    ---281個目から300個目のデータを表示---

 
 日本政府の新型コロナウイルス感染症対策は、個人の自由に正当に介入しているのだろうか。イギリスの思想家ジョン・スチュアート・ミルの考える自由の観点を用いると、正当といえる部分と不当になる部分の両方があると考えられる。ミルの『自由論』によると、自己...
2022年
 
論文の研究目的は、東南アジアで誕生した女性指導者がどのような役割を担っていたのか、誕生した背景はなにであったのかを明らかにすることである。 第1章では東南アジアの女性の政治指導者について考察をする上で、女性が政治に参加することへの重要性について...
2022年
 
 本論文の研究目的は、寄宿学校は少数民族の高等教育に役立っているのかを明らかにすることである。  第1章では、発展途上国での教育の問題点やベトナムの教育制度、また少数民族教育の重要性について述べた。発展途上国で教育は発展しつつあるものの、まだ解決す...
2022年
 
 本稿では、学校教育という観点から地方創生を考察し、新潟行政の事業の問題点と改善案を上げてきた。行政に対する信頼度をはかるために新潟県に対する信頼度をアンケートを使って統計的に分析した。新潟創生の一案としては、新潟県の愛着を育む事業を現在よりも体系的に実行していくことと、外国人を新潟県に誘致することが有効な手であると考えた。新潟県の活性化を中長期的に考えることで、地元への愛着も育ち、県外進学・就職した勢に対してターンが見込め、創生になると考えた。
2022年
 
 製菓は、どの世代の人からも必ずと言っていいほど食べられており、コンビニやスーパー、食品が売っている店ならどこに行っても目に入るほど私たちの周りにある。  年々消費者の需要に応えながら話題になるヒット商品を多く製造している。その背景には、本論文で...
2022年
 
 1936 年にベルリンでオリンピックが開催された。当時のドイツはレイシズムのナチが政権を握っていた。ナチはドイツのスポーツを支配し、ユダヤ人がドイツ代表としてオリンピックに参加することを許さなかった。このユダヤ人に対する人種差別に対して各地でベルリン...
2022年
 
 本論文では、フィリピンにおける植民地期に流入してきたカトリック教会が民主化に貢献した過程を明らかにすることを目的としている。  第1章ではフィリピンにキリスト教が流入した背景と原住民たちに受け入れられていった過程について言及し、キリスト教がフィリ...
2022年
 
本研究では、少子高齢化で高齢者が多くなっている中、都市部と地方の単身高齢者に焦点を当て、どのような問題があるかを調査する。また問題点の対策を提案し、問題点の解決を目的とする。 全国的に少子高齢化で高齢者世帯が増加している。新潟県の都市部と地方も高...
2022年
 
近年、ガソリンスタンドの数は減少傾向にある。筆者は、ガソリンスタンド減少の要因を油外商品の売上高減少によるものであると考えた。 本論では、ガソリンスタンド業界の現状とガソリンスタンドが減少している原因の調査を行い、その結果からガソリンスタンドの減...
2022年
 
 近年、世界中でeスポーツの関心が高まっている。それは日本も例外ではない。だが、世界に比べると日本は盛り上がりに欠けているところがある。  本研究では日本のeスポーツを今後盛り上げるにはどうすべきなのか考えることを研究目的とする。  先行研究ではマ...
2022年
 
 本研究の目的は、消費者に受け入れられるインターネット広告とはどのようなものなのかを明らかにし、モデルを提案することである。また、特に筆者自身に一番身近なInstagram広告を研究対象とした。  インターネット広告やSNS広告の課題として、情報が信用なく避...
2022年
 
 近年、情報発展に伴い、国民のライフスタイルにも大きな変化が生じ、交通手段の一つである自動車の存在も無視することができない乗り物となっている。都会に比べ、新潟を含む地方都市内でお出かけをするとなると、大半は交通手段として自動車が選択されるであろう...
2022年
 
 本論文では新型コロナウイルス感染症の影響によって、全国の大学で実施されたオンライン授業の今後の改善策を提案することを目的とする。そして、新型コロナウイルス感染症収束後も大学の新たな教育方法の1つとしてオンライン授業が利用されることを願う。なお、本...
2022年
 
 現在、日本のeスポーツ産業は急成長を遂げているものの、世界と比較すると立ち遅れている。eスポーツ産業の発展はゲーム分野だけでなく、広告産業として大きな可能性を秘めている。そこで、eスポーツ産業の最も大きな認知度という課題に対し、スマートフォンを利用...
2022年
 
 責任という単語は多義的であり、法的責任という風に接尾辞的役割を持つ。そしてそれがそのまま前の単語に対する責任を示している。  一見明示的とは思われるが、それに反して責任の所在が曖昧になることは多々ある。  本論文の主題は集団責任の曖昧性である。 ...
2022年
 
近年,勢いを見せるC2Cプラットフォームであるフリマアプリの「メルカリ」がプラットフォーム特有の「ネットワーク効果」を用いて急拡大を見せる.プラットフォーム型事業の参入により,パイプライン型事業の先行きが厳しく,不安定な状況に陥っているように,C2Cプ...
2022年
 
アパレル企業では,多くのM&Aが行われている.アパレル企業にM&A戦略が与える影響はどのようなものか.本研究では, M&A戦略がアパレル企業において与える影響を検討するために,「アダストリア」という企業から時系列変化を追って,単一事例分析を行った.単一事例分析...
2022年
 
現在,UNIQLOはサプライチェーン内でウイグル人権問題の関与の可能性があり,この問題に対してどのような対応をとるべきかを求められている. 今日におけるUNIQLOのサプライチェーンの問題を抽出し,UNIQLOの何が問題なのかについて,コンプライアンス,トレーサビリティ,...
2022年
 
近年の日本企業はグローバルに自社の商品,サービスを展開していく考えが浸透している.しかしながら,国内地位を確立している企業でもグローバルでは業績不振な企業が数多くある. 本稿では,国内地位を確立している企業がグローバルに活動を拡大するために「何をすべき...
2022年
 
 本論文では、近年世界中で進行しているキャッシュレス社会において、近隣諸国と比較した際の日本のキャッシュレス決済比率の低さを主な問題点として挙げている。そこで、第1章では日本がキャッシュレス社会に向かうに当たって、キャッシュレス化とはどのようなこと...
2021年





ページの
先頭に戻る