抄 録 検 索
抄録内ワード検索 :       


[全7215件] : 現在のページ「352」    ---7021個目から7040個目のデータを表示---

 
日本酒の現状、全国と新潟県の清酒出荷量・構成比の比較、酒造従業員実態調査報告書と独自の調査から酒造りに携わる人について調べ、新潟県の日本酒製造業全体の特徴を捕えようと思う。新潟県内の日本酒製造業の特徴としては、“日本酒出荷量が増加傾向を維持してい...
1998年
 
 私は、中国の文化に関心があり、中国文化を学んでいたため、酒の席ではおのずと中国のお酒に関心が湧いてきた。日本では老酒とも呼ばれ、比較的有名な紹興酒を飲んでみたところ、ビールや清酒、ワインにはない独特の香りとコクがあり、とてもおいしく感じた。そし...
1998年
 
 タイ国家成立の重要な要素は、国家・国王・仏教であり、これはラック・タイ(タイ的原理)と呼ばれている。その国王についてタイには伝統的概念が4つある。ポー・クン、チャクラパット、デバ・ラージャ、チャオ・ペーンディンである。これらは時代によっていろい...
1998年
 
新潟県荒川町周辺に卓越する荒川ダシと,北西季節風の風系分布を偏形樹の性質を用いて推定した。偏形樹とは,風の影響を受けた結果,樹冠や樹幹,または樹木全体に変形がおよんだ樹木のことを指す。荒川ダシは,梅雨期に北海道の北東にオホーツク海高気圧が発達,ま...
1998年
 
 近年、元従軍慰安婦である朝鮮人女性が日本に謝罪と補償を求めて訴えを起こした。これにより日本国内でも従軍慰安婦に対して補償をするべきかどうかという論争が盛り上がりを見せた。はたして日本は謝罪・補償をするべきなのか考えてみよう。 従軍慰安婦とは日本...
1998年
 
 現在の国際社会において注目すべき点は、各国家間が国境という枠を取り払い,“超国家システム”を形成して、その中で自由な経済交流を行っている点である。第二次大戦以降、交流を促進させる経済体制の構築により、経済交流の基本的な要素となる「モノ・ヒト・カネ...
1998年
 
 1970年代末期からの中国農民体制の改革により集団農業体制と人民公社体制は突き崩され、農村には大規模な市場化の波が襲ってきた。その結果、農村社会全体が著しく変貌を遂げていった。それは単に、公的な制度が改革されただけでなく、人々の行動様式、さらにはそ...
1998年
 
 現在、日本は、急速なスピードで高齢化しており、まもなく世界一の高齢国になると言われている。進展していく高齢化のなかで、国ではゴールドプランや、新ゴールドプランそして公的介護保険制度といった、新しい施策を掲げ、今後の社会に備えている。 そこで、本...
1998年
 
 私は、このシンプソンの裁判で、アメリカの裁判制度というものに、疑問をもった。なぜかといえば、彼が殺人をしたという証拠がたくさんあるのに、彼は陪審員の評決により、無罪となった。決定的な証拠があるのに、どうして無罪になったのか。それをこの卒業研究で...
1998年
 
中国は世界で最も死刑の処刑者数が多い国である。近年、世界の流れが死刑廃止へと向かっている中、中国政府はその強固な姿勢を崩そうとはしない。一体何が中国に死刑を存続させているのだろうか。中国における死刑の歴史、制度、特徴を述べることにより、多角的にこ...
1998年
 
本論は中国の政治における民主の必要性について書かれたものである。我が国日本は中国との長い交流の歴史があり、またアジアにおいて先に民主政治を実現した国である。しかし私は実際に民主政治に移行する過程を体験していない。現在民主政治の要求が高まりつつある...
1998年
 
近年、 新潟市においてマツ枯れが生じている。 マツ枯れの原因は従来、 マツノザイセンチュウ説と酸性雨説が注目されている。しかし、 近年マツ枯れとマツノザイセンチュウとの関連がうすいことを裏付けるデータが報告されている。1977年にはマツクイムシ法案にね...
1998年
 
本稿の目的は、ラオスのナム・グム・ダム建設開発が持続的経済発展の視点から分析することである。なぜなら、このダムのような水力発電をともなうダム建設は、「環境と開発」のバランスや「持続的可能な開発」の真価を問う開発形態だからである。このダムをケースス...
1998年
 
高性能小型コンピュータなどの開発によって、私達の生活は以前より効率良く営まれている。主に情報メディアの分野に関しての進歩は、めまぐるしい。このような情報メディアの進歩により、私達は、様々な情報が手に入るようになった。このような状況の中で、私達は情...
1998年
 
 『抄録』 私は、卒業研究として「それぞれの交通運賃について」をとりあげました。 まず、「はじめには」で私の研究課題についての動機を論じました。 「第1章」では、公共料金として規制の対象となっている現在の交通運賃の今後の方向について展望し、真に消...
1998年
 
 今回自分は卒業論文として「ブルボンと亀田製菓の経営分析」を行った。抄録として内容を簡単に説明すると、まず、はじめにブルボンと亀田製菓両社を比較しようと思い立った理由を述べ、次に両社の企業規模および会社の沿革等を記載している。 それ以降は、両社の...
1998年
 
 21世紀を目前にして、電子マネーの実験が世界各国で行われている。実験が成功すれば必ず世の中は大きく変化していくと考えられる。  現金が一切なくなり、カードとコンピュータだけでお金を動かす時代が必ずやってくるでしょう。  電子マネーはクレジットカー...
1998年
 
 本研究では、「ヒット商品を生み出すヒケツ」というものを、現在の「ヒット商品」と思われる商品を通して、提示を試みようとしたものである。市場に数多く投入されている新商品は、消費者の好みなどによる基準によって選択し、購入されている。そのなかで「ヒット...
1998年
 
このテーマでは、今や人間の生活に無くてはならないものになった会計がどのように始まり、どのように発展していったのか、会計の歴史を取り上げる。会計史という学問はそれほどポピュラーではないが、それを調べることで歴史的背景を頭に置きながら会計学の理解に厚...
1998年
 
 この研究は、「ローカルスーパーの現状と未来」について考察したものである。1994年の商業統計によれば、総合スーパーが1店当たりの売上が伸び悩んでいる中で、コンビニエンス・ストアと食品スーパーは店舗数及び売上構成比ともに成長している。まず、1953年には...
1998年





ページの
先頭に戻る