抄 録 検 索
抄録内ワード検索 :       


[全7215件] : 現在のページ「357」    ---7121個目から7140個目のデータを表示---

 
・良いソフトウェアを作ることが、ソフトウェア開発において最も重要な目的である。・ソフトウェア開発は、人手によった作業が行われる。人手による作業には誤りがついてまわるのが常である。この誤りを作り込んだままソフトウェア開発を終えた場合、そのシステムは...
1998年
 
 このレポートでは、紙の製造が森林破壊につながるといわれていることについて、製紙産業が原材料の供給と製造過程で、いずれも環境に悪影響を与えていないか調査し、論証した。 紙の原料となる木材の大部分が、本当に製材時にでる残材や人工林間伐材であれば、木...
1998年
 
 本研究の目的は、「アイバンクに関する知識・意識の変化に及ぼす映像メディアと活字メディアとの情報伝達量の相違」が認められるか否か検討することであった。 被験者は大学生52名であり、無作為に26名ずつ映像群と活字群に分け、それぞれにアイバンクに関す...
1998年
 
最近、環境汚染がよく話題になる。なかでも自動車が環境に与える影響は大きいと言われているが、最近の自動車はその問題を意識してか、環境へ優しい方向へ向かっていると思える。そこで、実際に自動車は環境へ優しい方向へ向いているのか? を、昭和41年11月...
1998年
 
ある日、友人がプログラムの見本だという3目並べで遊んでいた。それを見た私は、ふとC言語で3目並べができないかと思いついた。やってみると案外簡単に作れてしまった。そこで、今度はもうちょっと複雑な5目並べを作ることにした。しかし、今度は以外と難しい。...
1998年
 
 企業を運用していくには人、物、金、情報が必要だ。そして多くの企業ではその情報を生かし企業を繁栄させている。しかし、そういった情報を加工するシステムを、個人商店レベルではほとんど持っていないのが現状である。しかし、少しだけでも工夫をすると情報を生...
1998年
 
 世界は今、情報化の時代である。そして情報ネットワークは企業に大きな影響を与えている。そこで、1995年後半頃からイントラネットという言葉が出てきて、1996年には米国企業でイントラネットが定着した。現在の情報化の時代の流れは今後ますます発達して...
1998年
 
ここ数年、日本国内でもインターネットが爆発的な勢いで成長している。その利用者は現在世界で1億5000万人以上といわれ、西暦2000年には3億人に達するという予想がされている。このようにインターネットがこれほどまでに普及したきた要因に、オープンな規格である...
1998年
 
 本研究の目的は、ソフトウェア技術者適性検査における信頼性(何度テストしても同一の結果が得られる程度)と妥当性(測りたいものを正確に測る程度)を検証することにある。研究に使用したデータは、信頼性・妥当性の検証にそれぞれ、・SPI適性検査の「能力適性...
1998年
 
 ホンダは戦後本田宗一郎が、オートバイ製造会社として名乗りを挙げ作った会社である。それから、しばらくしてホンダは四輪車製造に乗り出すのである。1970年代に発売されたシビック、1980年代に発売されたアコードがベストセラーカーとなり、全世界にその名を轟か...
1998年
 
 本研究では、「ベンチャー企業」に焦点を当て、「ベンチャー企業」の成長プロセスと成功要因を明らかにすることを目的としている。近年、創造型マネジメントのスタイルを持った企業への変化が必要であると言われてきている。今までの日本企業は、R&D、生産、販...
1998年
 
現在、すでに多くの企業において社内にはLANが構築され、インターネットの利用なども始まっている。近い将来、企業間取引や銀行取引などが電子的に行われるのも確実であろう。こうした観点から、今後は(企業においては特に)どの取引先とも情報の交換が可能なネット...
1998年
 
現在図書館では業務処理をする専用のシステムが導入されているが、そのほとんどにシステム・パッケージが利用されている。システム・パッケージとは、市販されているソフトウェア・パッケージのことであり、その中の共通応用ソフトウェアに図書館システム・パッケ...
1998年
 
1営業の昔と今 営業とは、人と人との人間関係を重視する面と、実績を数字で表わさなければならない面がある。この2つの面は以前から変わることなくこれからも存在し続けるだろう。仕事のやり方から見ると大幅に変わった。「営業の昔と今」の違いは、情報ツールの...
1998年
 
 仕事にしろ、生活にしろ自分一人の中で自己完結的な行動をとることはまれである。組織に身をおく人間なら、その活動は必然的に協調活動が中心となる。例えば、この卒業研究にしても私一人で完結していない。今おこなっている研究論文の作業も、星野君との共同作業...
1998年
 
中国ではエネルギー総供給の約74%を石炭に依存している。そのため世界的な環境汚染を引き起こしている。中国の産業発展の現状からすると、中国が2000年までに排出する二酸化硫黄の量は2000万トン~2300万トンに達するといわれている。このことは日本...
1998年
 
 私は線型計画法について検討するため、栄養問題のモデルを作成し、考察をした。線型計画法について次のように大きく3つに分類した。 最初に、線型計画法とはどういうものなのか説明する。数学的計画法という総名称がついている技法の中で、最も適用例の多い技法...
1998年
 
 本実験の目的は、ベンチプレス運動時にその酸素摂取量を実測し、エネルギー消費量及び運動効率を算出することであった。22歳の男子6名を対象にまず、バーベルを用いたベンチプレスの1RMの測定を試み、得られた重量の約70%の重量を求めた。運動条件は、何も持たな...
1998年
 
 今日の競争激化の時代において、製造業が生き残り発展していくためには、納期の短縮化を図っていくことが必要不可欠である。しかし、そのために在庫を見込みでたくさんつくっても莫大な損失を招くことになるだけであり、極力、在庫を持たないで納期を短縮すること...
1998年
 
 近年、洋楽のミリオンセラーが続出している。『洋楽』とは、日本における外国から輸入された音楽のことである。輸入されてきたからには、当然、外国の流行傾向に沿って、日本でも流行するはずである。しかし、日本で流行する洋楽は、その期待に反した動向を示して...
1998年





ページの
先頭に戻る