抄 録 検 索
抄録内ワード検索 :       


[全7215件] : 現在のページ「355」    ---7081個目から7100個目のデータを表示---

 
 本研究では、大学生の基礎体力に及ぼす運動経験の影響を検討するために、運動経験の全くない人と、運動を継続している人と、運動をやめてしまった人で形態及び基礎体力の変化を比較した。 被験者は、NI大学の4年生48名(男20名、女28名)である。入学時と4年次...
1998年
 
   「 今後の百貨店の経営づくり 」 第1章、はじめに 第2章、日本の百貨店の歩み      誕生は、1904年、合名会社三井呉服店改め、株式会社      三越呉服店が、その改組を記念して、高らかに「デパート      メント・ストア宣言」を...
1998年
 
日本経済の将来に暗雲が立ち込めていると感じている人は少なくない。1990年代も後半に差し掛かり新世紀を迎えようとしている今、経済は暗黒状態にあるといえる。高度経済成長を支えていた官僚主導の過保護な体制と既存利益の確保のみを追い続けた横並び体質の限界を...
1998年
 
 線型計画法とは配分問題を解決するのに用いられる手法だが、まずはじめに配分問題がどのようなものであるかを説明する。それから線型計画法の最大問題、最小問題における構造や解について、と深く掘り下げていく。 次に、線型計画法を解く過程において使用する、...
1998年
 
 新潟市ではごみの減量化・資源の再利用を図るために、4分別収集から6分別収集へ移行した。家庭ごみにおいては、燃えるごるが全体の8割であり、約55%を紙類が占める。従って、紙ごみを減らすことでごみを大きく減少させることができ、収集・焼却・埋め立てに...
1998年
 
 本論文は、近年、商店街など既存店を脅かす存在として、大規模小売店の出店数が増加していることに着目し、作成されたものである。自動車が普及していることなどもあり、郊外型の大型店の建設計画が目立ち、しかも単独出店よりもショッピングセンターの形態をとる...
1998年
 
 商品のポジショニングは、商品企画、つまり商品コンセプトを決定する段階で有力な手法と位置付けられており、実際によく用いられている。ところでポジショニングの手法としてよく用いられているのは因子分析と主成分分析である。 本論文の目的は、因子分析、主成...
1998年
 
 商品のポジショニングは、商品企画つまり商品コンセプトを決める際の有力な手法として位置付けられ、産業に広く応用されている。そのポジショニングの手法としては、因子分析と主成分分析が主として使われているようでである。本論文の目的は、林知己夫氏によって...
1998年
 
 適性検査と入社後の定着率の間には、何か関係はあるのか。  企業側が就職試験の際に適性検査を行うのは、入社後の業務能力/成績の予測のためであるが、応募者を絞り込み、面接時に客観的データとして利用することもあるようだ。この検査の結果や面接などで、採...
1998年
 
●ソフトウェア開発と主要な部分は未だ人手による作業で行っている。人手による作業には誤りの混入がつきものである。よいソフトウェアの開発を目的として考えられたソフトウェア工学を用いても、ソフトウェア開発を行うのが人間である限り様々な誤りは混入する。よ...
1998年
 
 商品のポジショニングは、商品企画、つまり商品コンセプトを決める際の有力な手法として位置付けられ、産業界に広く応用されている。そのポジショニングの手法としては、因子分析と主成分分析が主として使われている実情である。 本論文の目的は、林 知己夫氏に...
1998年
 
 道路交通情報サービスには、大きく分けて3つある。このうち2つが、電話回線を使っていることにポイントを置き、どのように発展するか考えてみようと思います。 まず、新しいアイデアとしてPDAとのつながりを持つカーナビが出てくれば使い道がますます増えると...
1998年
 
1997年現在、缶コーヒーは登場以来約30年の間でその市場規模は清涼飲料市場の中では最大の約8400億円以上の生産実績を誇る様になっている。しかしここ数年の伸び率は横ばい傾向にある。その中で強力な数社が互いにシェアーを拡大するために激しく競争している。 製...
1998年
 
私は、学外実習で県庁に行き、ホームページ作成に挑戦してみて、インターネットに大変興味を持つようになった。そして、これからのネットワーク社会を考えていく上でもインターネットのビジネス利用について調べてみたいと思った。インターネットは日々進化している...
1998年
 
 今、日本は激しい競争時代に置かれている。今までは先進国に追い付こうと、アメリカから様々な技術を学んだ。その結果、現在の日本は高度経済成長を経て、先進諸国に肩を並べられるほどの経済大国へと変身した。しかしその反面、日本のお手本となりうる大国も存在...
1998年
 
昼食時間帯には本学は昼食を買うために売店のレジで長く待ったり食堂の食券売り場で長く待たされることが状態化している。この学生から見るサービスの問題点を解決するためにもっと支払いが早くできる方法が必要であると考え最近実用化が急がれている電子マネーを本...
1998年
 
現在、新潟バイパスでは、朝と夕方のラッシュアワー時になるとものすごい渋滞が起こっている。オフランプ(バイパスから降りる専用道路のこと)に入りきれない自動車が、バイパス本線にはみ出してしまうことで、その本線を走行している自動車の流れを止めてしまうの...
1998年
 
 情報化社会にうまく対応していくためには、情報化社会がどのような社会であり利点や問題点はどんなものなのか、そしてその問題点に対して、対応策はないのか、ということを知る必要があると考える。そこで、これらのことを調べ、情報化社会について論じる。 情報...
1998年
 
 研究内容は、SPI能力適性検査の信頼性とSCOA適性検査の妥当性である。信頼性の研究では、同じゼミの学生(A~H)がSPI能力適性検査(言語・非言語)を各2回づつうけて、その結果データから同じ人間が何回検査しても同じ結果、あるいは近い結果になるか...
1998年
 
暗号は、古くから人々の間で使われてきましたが、日常の生活では、ほとんど使われませんでした。(正確に言えば、意図して使われなかった)しかし、最近のコンピューターネットワークの発達で、少なからず脚光をあるようになりました。そこで私は、暗号の種類などに...
1998年





ページの
先頭に戻る