抄 録 検 索
抄録内ワード検索 :       


[全7215件] : 現在のページ「356」    ---7101個目から7120個目のデータを表示---

 
 人口問題は、経済・環境・エネルギー・食料などの諸問題と深く関係があり、人口の予測はこれらの問題を考える上で重要なものとなっている。このことは特に過疎化が進む新潟県にとっては切実な問題である。 本論文では、新潟県の各地域(人口増加率上位・中間・下...
1998年
 
インターネットにはパソコン通信で言うホストのような中心が存在せず、参加した 高機能なコンピュータが同等な立場で協調して働くことにより維持されている。 現在のインターネットは回線容量の制約から動画のような大容量のデータ伝送は完全ではない。ネットワーク...
1998年
 
この研究は、新潟市で平成9年度より実施された6分別収集の効果を分析するものである。6分別収集は毎年増加傾向にあるごみ量と多種多様化しているごみ質に対し適正処理による減量化及び資源化(主にびん、缶、プラスチック)を推進させるため行なわれた。しかし実際...
1998年
 
 本研究は、青年男女が実際の自分の体型をどのように認識しているのか、その認識は実際の肥満度とどれくらいの差があるのか、またそれらの男女間の相違について検討することが目的であった。  被験者はNI大学の1年生295名(男192名、女103名)であり、アンケート...
1998年
 
要旨  大学生における高齢者福祉サービスに関する意識動向              新潟県の高齢化は全国をかなり上回るスピードで進行している。今後、ますます寝たきりや一人暮し等の介護を必要とする老人の増加が予想され、高齢者福祉に対するニーズはかな...
1998年
 
 私達の実世界において、コンピュータが登場しずいぶんと長い月日がたっている。その長い月日の中で、コンピュータを使ったさまざまな解決法が誕生し、さまざまな進化を遂げてきた。その中でも近年オブジェクト指向型解決法というものが注目されている。オブジェク...
1998年
 
スポーツ活動中に事故が発生すると、その程度によって違いがあるものの、一生を障害に悩まされることになったり、場合によっては命を失うことにもなりかねない。そこで、スポーツ事故を全てなくすことは不可能としても、最小限の発生に止めることができればよいと思...
1998年
 
 1990年に入り、穀物在庫率の減少、地球の温暖化、穀物価格高騰、各地で起こる異常気象による被害など、輸入の障害になるような大きなニュースが報じられるようになった。これに加え、毎年9000万人近い人口の増加、穀物生産量の伸び悩みなどにより、穀物不足という...
1998年
 
虹の色は、日本では一般的に7色とされているが、国や地方によっては7色であるとは限らない。日本人どうしで同じ色を見ていても、ピンクに見えたり赤に見えたりという現象がおこるかもしれない。そこで、色の認識の違いを調べるため、虹に注目した。CRT画面上に虹の...
1998年
 
 簿記というものは、企業活動を金額的に記録したり、計算したりして整理し、企業の利害関係者に経営状況を報告するものであるが、会社の代表的形態である株式会社を取り上げ、どのような決算手続きから成り立っているのか、また株式会社の会計の仕組みはどのように...
1998年
 
バブル崩壊後の日本の景気を取り巻く状況は、特に厳しいものとなっ    ている。 空洞化の急速な進行や、企業収益の悪化による雇用環境の悪化、投資の伸び悩みや消費の低迷による内需不振、など諸要因により引き起こされているこの景気停滞から日本は抜け出せず...
1998年
 
 「店を繁盛させたい」というのは、経営をしていくにあたって、誰もが望んでいることである。そこで店を繁盛させていく方法は、数え切れないほどあるのだが、小売店で最も利用することが多い広告媒体である新聞に折り込まれてくるチラシ広告による宣伝効果について...
1998年
 
要旨  大学生における隠れ肥満者の実態と             形態及び体力の特徴について                                                12094091 佐藤 桂子 最近、身長と体重の計測値のみ...
1998年
 
 情報要求者の要求と検索結果の適合性をレレバンスという。このレレバンスとは、情報要求者の要求をいかに満たすかということを前提にしたもので、情報要求者の満足度を基準に検索結果との適合性を判定する。しかし、この基準は非常にあいまいなので、理論的に説明...
1998年
 
新潟県製造業の新製品開発の実態を調査・分析した。これは、新潟県内会社特に製造業での新製品開発がどのようにおこなわれているかを共分散構造分析を実行して、構成概念間の関係から仮説を明確にしていこうと考えたからである。新製品開発モデルの過程を潜在要因の...
1998年
 
 この論文では、交通事故に関する人的要因に着目し、交通事故の原因を探り交通事故対策を考える。 はじめに交通事故の原因には人的要因、自動車的要因、道路的要因があり、どの要因も等しく重要な意味をもつものであるが、自分にもっともかかわりのある人的要因に...
1998年
 
 今、自分は荘年期あるいは中年期を迎えている人もいずれは高齢期を迎えるわけであり、そのとき、どのように過ごせたら一番良い老後生活になるのかと思い、高齢者福祉につい考えた。 人はなぜ老いてしまうのか。私たちは、高齢者をどのように理解しなければならな...
1998年
 
近年インターネットの普及に伴い、電子取引(EC:Electoric Commerce)という形態の取引の取引量が増加している。このECであるが、現段階では完成された形になっているとはいえず、多くの問題を含んでいる。その問題は情報技術の問題、処理内容の秘密保持の問題、情...
1998年
 
 シャープ株式会社は、十数年前まではソニー、松下などと比べてブランドイメージの高い企業ではなかった。しかし、ここ5、6年くらい前に発売された液晶ビデオカメラ”液晶ビューカム”の発売とそのヒットにより、この企業の業績は連続して上昇し続けたのである。そ...
1998年
 
 良いソフトウェアの条件については複雑な条件が存在するが、いずれにせよソフトウェア開発において主要な部分は未だ人手で行わざるを得ない状況にある。ソフトウェアの高度信頼性を確保するには、特にソフトウェア開発の機械化が困難な部分に対して、ソフトウェア...
1998年





ページの
先頭に戻る