全 項 目 検 索
フリーワード :    



[全6911件] : 現在のページ「10」    ---181個目から200個目のデータを表示---


 
 最近のVR/ARという言葉の浸透、新型コロナウィルスの流行での対策による移動の困難さから、従来の動画鑑賞とMR体験によってどのような感じ方の差異があるかを研究した。方法として、プロジェクターによる2D動画とHoloLensによるMR体験の差異を比較する実験を行った...
[ keyword ]        
2021年

 
図書室や自室などの静かな空間で音楽を好んで聴く人々が存在する。そのような人々が音楽を聴く理由には、主に作業量の促進、リラックス効果、集中効果などがあげられる。そこで、本研究では実際に音楽を聴きながら学習することで作業量や心理面にどれほどの影響があ...
[ keyword ]      
2021年

 
本論文では「プロ野球に関する研究~4球団から見る経営方法~」について述べたものである。私はなぜプロ野球の人気が以前より低迷しているのかまた、プロ野球の経営について調査したいと研究対象をプロ野球とした。私は「北海道日本ハムファイターズ」、「東北楽天ゴ...
[ keyword ]    
2021年

 
 今日、モータリゼーションが進んだ中で「交通事故」「高齢化」「公共交通の衰退」など様々な車社会を取り巻く問題が現れている。その一方で、自動運転への取り組みが活発化しており注目が集まっている。そこで、今注目を集めている自動運転が我々の暮らしを豊かに...
[ keyword ]          
2021年

 
 MixedRealityは医療・教育・建築などの様々な分野への活躍が期待されているが、教育分野での活用の試みは少ない。そこで本研究ではMR教材は体験者に興味を持たせる事が出来るかなどの映像視聴と実際に作成したMR教材を用いたMR体験の比較実験、アンケート調査、文...
[ keyword ]        
2021年

 
 物体をデジタルデータとして保存、鑑賞できる可能性を持ったMRという技術を用いて個人によるバーチャルミュージアムの実現可能性と有用性を明らかにするために、MR、VR、ARの現状を調査すると共にMR最大の特徴である3D表現の功罪をMicrosoft Hololensとホホジロザ...
[ keyword ]          
2021年

 
 日々身近となってきているキャッシュレス決済の今後の推進していくために、今ある問題点を明らかにするために、「キャッシュレス・ポイント還元事業」等を基に、この事業で得られた効果などを調査するという方法で研究を行った。また、予備実験では、学内専用IC...
[ keyword ]  
2021年

 
論文要旨 本研究の目的は、日本の少子高齢化に伴う介護の人手不足解消に向けて、政府が取り組んでいる外国人労働者の受け入れ問題を指摘する。また、外国人労働者の文化の違いや言葉の壁が介護現場にもたらす影響を考察する。 第1章では、日本の高齢者福祉政策の...
[ keyword ]    
2021年

 
 私たちの生活のほとんどは空間で過ごすことが多い。その空間内で視覚や聴覚など、あらゆるものがストレスや居心地の悪さを感じさせることがある。今回は学習空間において居心地の良い空間とはどのようなものか評価グリッド法をもとに実験調査を行った。  予備実...
[ keyword ]      
2021年

 
本論文では、学校において男女差が子供に与える影響を明らかにすると共に、男女混合名簿やトイレなどをキーマーカーとしたジェンダーフリー教育についても考察する。  第1章では、ジェンダーの概念と歴史について述べた。1972年にイギリスの社会学者でフェミニスト...
[ keyword ]          
2021年

 
What this thesis is all about: investigating correlation between Peer Pressure and Difficulty in Speaking English. Background of this study: I wanted to confirm if peer pressure is one of that preventing learner's English speaking skills ...
[ keyword ]  
2021年

 
 新潟県民は都道府県ごとに見た大きな区分では東京方言を使うが,県内の地域を見ると東京方言から派生した県内独自の方言が使われることがある(大橋,2003).本稿では,大きな区分と小さな区分では異なる方言を使う新潟県の村上市と魚沼市を対象にしたアクセント...
[ keyword ]    
2021年

 
 本論文では,新潟県の地域通貨の事例として,阿賀野市の地域通貨「あがのポイントカード(APOカード)」を取り上げ,その現状と課題を阿賀野市住民とAPOカード加盟店の聞き取り調査の結果をもとに考察することを目的とした.  調査の結果,APOカードを知っている...
[ keyword ]    
2021年

 
 本論文では組織構造の明確化と情動生成の分析を行い、持続的な組織において人の感情を調整するしくみを提言する。本論文の前提として組織の主体は人であり、組織には持続性が求められるとする。  まず、組織構造と感情の生成を明らかにした。それらの説明を通し...
[ keyword ]      
2021年

 
 日本には技能実習制度というものが存在する。この制度は外国人に日本で知識や技術を身につけさせ、それを母国の発展のために役立ててもらうというものである。しかし、この制度は本来の目的を果たしておらず、日本で不足する単純労働者を確保するための制度と化し...
[ keyword ]      
2021年

 
 本研究では、サポーターの形成過程のPCM(認知・魅力・愛着・忠誠)モデルの「愛着」の段階にあたる「スポーツファンのチームに対する誇り醸成」要因を明らかにするために「スポーツファンのチームに対する誇り醸成要因」についてGoogleフォームでのアンケート調査...
[ keyword ]            
2021年

 
本研究は、調性の好みには性格が影響を与えているのか、性格以外が影響を与えているのかについて調査した。仮説として、性格が調性の好みに影響を与えているものとして感受性説を、性格以外が調性の好みに影響を与えているものとして接触頻度説を構築した。感受性説...
[ keyword ]            
2021年

 
 現在,日本各地では,「ものづくり」,「ものづくりのまち」を地域資源として,一般の人々に向けて,工場等を開くオープンファクトリーという取り組みが行われている.対象地域の燕三条地域におけるオープンファクトリーには,期間に限らず,日常的に工場を開くものと特定...
[ keyword ]      
2021年

 
本論文では,ジオパークに対する意識を明らかにすることを目的として新潟県佐渡島を対象とし,観光客と住民へのアンケート調査を行った.  ジオパークは優れた地形・地質などの「大地の遺産」を保全しながら,教育やツーリズムに活用し地域の持続可能な発展に繋げ...
[ keyword ]      
2021年

 
この論文では17世紀末~18世紀に活躍したロシアの皇帝ピョートル一世とその皇太子アレクセイ、ピョートル一世の継承問題について書いていく。 ピョートル一世はロシア帝国を強くするため戦争と戦争や近代化のための改革を数多く行った皇帝である。強引で急速な...
[ keyword ]        
2021年






ページの
先頭に戻る