抄 録 検 索
抄録内ワード検索 :       


[全7215件] : 現在のページ「359」    ---7161個目から7180個目のデータを表示---

 
研究内容 「Windows プログラム作成」研究目的  普段なに気なく使用しているWindowsソフト、 実際にはどのようにして、このWindowがいくつも ひらかれているのかなんて、GUIがどのような仕組 みで動いているなんて知らずに使われている。  そこで、自分でWi...
1998年
 
 現在、製造業においてユーザニーズを先取りした新製品開発が以前にもまして重視されている。総合的品質管理(TQM)の重点もこれを目指して、さまざまな研究・実践がなされている。この新製品開発重視のTQMの推進において、営業部門は、ユーザニーズ発掘の重要な立場...
1998年
 
 現在、コンピュータは日常生活の一部といえるほど普及しており、これからますますコンピュータを中心としたマルチメディア社会への適応能力が問題となると考えられる。大学における情報教育が期待されるなかで、情報社会に参加し、貢献できる人材の育成を目的に設...
1998年
 
本研究では、電子マネーに関する研究を行っている。現在のところ完全な電子マネーは存在していないが、すでに実用化実験の段階まできている。ここで簡単に電子マネーがどのようなものか説明すると、お金の情報がデジタル情報に置き換えられ、ICカードを媒体に決済を...
1998年
 
管理会計とは、経営者の意思決定や統制に役立つ会計情報を作成し、提供するための会計で、内部利用者のための会計、または内部報告会計といわれる。この管理会計は、法律で義務づけられている会計報告ではなく、企業が適切と判断する情報を有用な形でまとめて報告し...
1998年
 
 現在、企業においてパソコン1人1台はあたりまえといわれています。この時代の流れは今後ますます定着化し、社内ネットワークはあたりまえ、ネットワークを使いこなせないビジネスマンは遅れをとるという風潮も強くなっていくと思われます。そんな時代に登場した...
1998年
 
ネットワークアルゴリズムのひとつである最短経路探索の、現実問題への応用が本研究の目的である。 最短経路問題を解く手法はいくつか知られているが、どの辺も正の長さを持つ有向グラフの場合、Dijkstraのアルゴリズムが有名である。Dijkstraのアルゴリズムとは...
1998年
 
 企業会計に関する諸学を研究するにあたって、基本的なものは、財務諸表論であると言えるだろう。基本を知ることが何より大切であると思い、研究することにした。 財務諸表といっても、損益計算書、貸借対照表などがあるが、企業の収益力を明らかにし、会計上の諸計算の中でも、最も重要な意義を有するものといえる損益計算書を中心に、会計原則、財務会計の基礎理論などを研究した。
1998年
 
 余暇時間が増えている‥。日本の年間労働時間は、欧米からの圧力や労働組合の取り組みによって、年々減少している(今年は微増したが)。仕事の時間が減るということは何が増えるのだろう?‥そう、『余暇時間』である。余暇産業は、そういった余暇を利用して成長し...
1998年
 
 最近、高齢化が進み、高齢者の交通事故が増えてきている。また、自動車保有台数や高齢者人口の増加により、交通事故による死者数が増えてきていることも、高齢者の事故の増加原因になっている。10年後には、4人に1人が、60歳以上という人口構成になるとみら...
1998年
 
 今や携帯電話(ポケベル、携帯・自動車電話、PHS)は、4人に1人が持っているという現状である。特に携帯・自動車電話はこの2・3年間で急激に需要が伸びている。各社が加入者獲得の為に、サービス方式・サービスエリア・料金などの値下げで、熾烈な戦いをしとても...
1998年
 
 日本の農業の危機が叫ばれている。農業基本法が作られた1961年からずっと危機が叫ばれているように感じる。 現在、全体としての日本の農家戸数は急激に減り始め、1990年の総農家戸数383万5000戸からわずか6年で338万8000戸と約12%も減...
1998年
 
コンピュータと共に発達してきたコンピュータゲームの現状と分類を調べ、そして、私が中心になって考えたトランプゲーム「開拓民」をコンピュータゲームとして形に残したいと思い、研究することにした。 コンピュータゲームの形態はだいたい以下の通りになってい...
1998年
 
現在、企業の業務改革の中で一番注目されているのはグループウェアである。その役割も間接業務の自動化から業務全体の効率化やグループ構造の改革へと変化している。グループウェアの中で最も私が関心を持ったのは電子会議システムである。 今回のプログラム作成に...
1998年
 
人工生命(Artificial Life)は人工知能(Artificial Intelligence)の分野の一つで、 AI が生命の知能を真似して、認知機構の解明や知的システムの構築を目標 としたのに対し、 AL は知能を越えて生命の振舞い(自己適応、自己増殖、自己修復、進化) を真似して、生...
1998年
 
既存の情報検索システムには、キ-ワ-ド方式、ディレクトリ方式があるが、検索した文献の著者と検索者の接点はとくに意識されてはいない。しかし、引用文献を用いた検索は「引用した」文献と「引用された」文献の比較、分析により文献間の専門性の同定、専門分野の...
1998年
 
 日本の電子図書館プロジェクトとアメリカの電子図書館のプロジェクトを見比べてみると、アメリカの方が情報のデジタル化がずっと進んでいるようである。アメリカ議会図書館は歴史と創造性に関する、比較的著作権の許諾のいらないものを中心にデジタル化し、教育面...
1998年
 
 現在、わが国の製造業においては、新商品開発は重要な課題となっている。ヒット商品を次々と開発していかねば、企業の生き残りは難しいと言われている。本論文は、商品企画の1つのステップである商品企画を取り上げ、このステップにおいて使用される手法を研究し...
1998年
 
 日常生活の中で身近にある自動車、私たちの希望する場所へとあちらこちらへと運んでくれる便利なものである。世界各国、様々な場所で様々な人々に交通手段として利用されている。一昔前と比べ、自動車自体の各機能が向上し、利用者がハードの知識など必要としない...
1998年
 
 イントラネット(Intranet)とは、企業内部のコスト削減、構造改革という目的で社内LANにインターネットの技術を導入し、構築した「企業情報システム」のことであり、WWW(World Wide Web)とブラウザソフトの技術を組み合わせた情報共有型のシステムを指す。 例えば...
1998年





ページの
先頭に戻る